山本卓 (技術者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山本 卓(やまもと たかし、1957年11月26日[1] - )は、トヨタ自動車株式会社常務役員[1]

経歴・人物[編集]

愛知県名古屋市出身[2]1980年3月京都大学工学部冶金学科卒。1982年3月京都大学大学院修了後、同年4月にトヨタ自動車工業(現・トヨタ自動車)に入社[1]。ボデー設計部を経て、1984年から製品企画部門に異動。初代、2代目LS400、11代目クラウンの開発に従事。12代目クラウンでは先輩加藤光久の下で開発主査として初期の企画から開発を担当。その後、初代マークX、3代目アベンシスのチーフエンジニアを担当後、2009年からクラウンのチーフエンジニアとして、13代目クラウンのマイナーチェンジ、そして14代目クラウン (アスリートシリーズ、ロイヤルシリーズ、マジェスタシリーズ) のフルモデルチェンジを担当。2013年4月エグゼクティブチーフエンジニア・常務理事。2014年4月常務役員、Lexus International Executive Vice President、製品企画本部統括。2016年4月Lexus International Co. Executive Vice President。2017年4月Mid-size Vehicle Company Executive Vice President就任。

出典[編集]

[ヘルプ]