山本博志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 山本博志 四段
名前 山本博志
生年月日 (1996-08-13) 1996年8月13日(22歳)
プロ入り年月日 2018年10月1日(22歳)
棋士番号 316
出身地 東京都江東区
師匠 小倉久史七段
段位 四段
戦績
2018年10月4日現在

山本 博志(やまもと ひろし、1996年8月13日 - )は、東京都江東区出身の将棋棋士小倉久史門下。棋士番号は316[1]

棋歴[編集]

小学1年の時、父親に教わって将棋を始める[2]。4年時に小倉久史門下となり、6年時の2008年奨励会入会[2]。第59回三段リーグでは、2016年6月4日藤井聡太から勝利を収めている(この第59回で藤井は1位となり四段昇段)[3][4]

2018年9月2日、第63回三段リーグで13勝5敗と本田奎に次ぐ2位となり、四段昇段を決める[3][5]

棋風[編集]

  • 得意戦法はノーマル三間飛車。プロ入り時には「しばらくは三間飛車で頑張ってみて活躍したい」との抱負を述べている[3]
    • 上述の三段リーグ藤井聡太戦では三間飛車の穴熊対策戦法トマホークを用いて勝利している[2]。『三間飛車新時代』でもトマホークの章を執筆している[6]

人物・エピソード[編集]

  • 四段昇段時の調査書記入時、間違えて生年を1998年と記してしまう。本人は「気が動転して。サバ読んでしまいました」としている[3]
  • 趣味はカラオケ。奨励会の行事で、徳永英明の「壊れかけのRadio」を歌唱した[3]
  • 旅行も大好き。「自然のある場所が好きで、伊豆大島も楽しかった」と答えている[3]
  • 尊敬する棋士は藤井猛で、その積極的な棋風のみならず人物面でも目標にしている[2][3]
  • 奨励会三段としては異例の著書となる『三間飛車新時代』を師匠の小倉久史との共著で執筆している。奨励会員から「立ち読みしました。買わないけど」と冗談を言われたという[3]

著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新四段誕生のお知らせ”. 日本将棋連盟 (2018年9月2日). 2018年9月2日閲覧。
  2. ^ a b c d ““異端ルーキー”山本博志四段 三間飛車の使い手「通用しなかったら死ぬだけだ」”. スポーツ報知. (2018年12月4日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181203-OHT1T50138.html 2018年12月23日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h “将棋・山本博志新四段誕生 少数派となった戦法「ノーマル三間飛車」にこだわり、夢を目指す”. スポーツ報知. (2018年9月2日). https://www.hochi.co.jp/topics/20180902-OHT1T50283.html 2018年12月23日閲覧。 
  4. ^ 第59回奨励会三段リーグ戦”. 日本将棋連盟. 2018年12月23日閲覧。
  5. ^ 第63回奨励会三段リーグ戦”. 日本将棋連盟. 2018年12月23日閲覧。
  6. ^ 島田修二 (2017年9月29日). “新刊案内「三間飛車新時代」 ~トマホークってなぁに?~|将棋情報局” (日本語). 将棋情報局. マイナビ出版. 2018年12月23日閲覧。