山本和夫 (テレビプロデューサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山本 和夫(やまもと かずお、1955年8月9日 - )は、日本テレビプロデューサー。株式会社ドラマデザイン社代表取締役

読売テレビチーフプロデューサー京都府京都市出身。

来歴[編集]

京都府立洛北高校慶應義塾大学文学部ドイツ文学科卒業後、1979年読売テレビ入社。

入社後はバラエティ番組ADを務めていたが、1983年にドラマ制作部に転属し、木曜ゴールデンドラマ『ガラスの中の幸福』(1986年)でディレクターに昇進。その後、朝の連続ドラマ担当を経て、1992年春の改編で新設されたプライムタイム枠の連続ドラマプロデュース・メイン監督を任される。第1作となった石田ひかり主演の『悪女』がヒットし、以後は同社の東京支社制作部のチーフプロデューサーとして、ドラマ及びバラエティ番組で活動した。

1999年に読売テレビを退社し、翌2000年制作会社「ドラマデザイン社」を設立。同社の代表取締役兼チーフプロデューサーを務める傍ら、「デジタルハリウッド大学大学院」の教授も務めている。

主な作品[編集]

読売テレビ時代[編集]

バラエティ・情報番組[編集]

ドラマ[編集]

ここまで演出を担当

読売テレビ退社後[編集]

関連項目[編集]