山本慎平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山本慎平

山本 慎平(やまもと しんぺい、1876年明治9年)1月22日[1] - 1948年昭和23年)5月21日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会)、ジャーナリスト

経歴[編集]

長野県更級郡稲荷山町(現在の千曲市)出身。1901年(明治34年)、東京専門学校(現在の早稲田大学)邦語政治科を卒業[3]。長野新聞社・新潟日報社で主筆・社長を務める[4]

長野県会議員、同参事会員を経て、1924年大正13年)の第15回衆議院議員総選挙に出馬し当選を果たす。第16回第18回でも再選された。その後、稲荷山町長を務めた[4]

その他に、大日本法令出版株式会社取締役、帝国法規出版株式会社取締役[3]、鹿曲川水力電気会社取締役[4]などを務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第四十九回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1924年、18頁。
  2. ^ 『新訂政治家人名事典』
  3. ^ a b 『早稲田大学紳士録』P.891
  4. ^ a b c 『人事興信録』

参考文献[編集]

  • 早稲田大学紳士録刊行会編『昭和十五年版 早稲田大学紳士録』早稲田大学紳士録刊行会、1939年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版(下)』人事興信所、1943年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。