山本英早

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
やまもと ひではや
山本 英早
生誕 享保元年(1716年
摂州浪華
死没 寛政10年(1798年)7月
国籍 日本の旗 日本
職業 柔術家、大坂城同心
流派 真之神道流
影響を受けたもの 楊心流
影響を与えたもの 天神真楊流

山本 英早(やまもと ひではや、享保元年(1716年) - 寛政10年(1798年7月[1])は江戸時代の武士、柔術家。大坂城同心であり、真之神道流の流祖である。摂州浪華の人である。通称は民左衛門。名は英草とも[1]

山本は萩原郷右衛門元吉から楊心流を学んだ。

楊心流に初段、中段、上段と級格を定め整理し真之神道流を創始した。

起倒流滝野遊軒を破りその道場をつぶしたと伝わる。『紀藩柔咄集』には「今の世の中に、起倒流といって行わるる柔というもの有り。是は、山本為左衛門という者、大坂にて楊心流という柔の指南し居たりける。爰に滝野専左衛門貞孝という者も、稽古道場を建立したりしが、為左衛門と仕合して打ち負け、稽古場打ち潰されける。」と記されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b デジタル版 日本人名大辞典+Plus

参考文献[編集]

  • 今村嘉雄編『日本武道全集』 第五巻
  • 『紀藩柔咄集』