山本耕平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山本 耕平(やまもと こうへい、1940年11月 - )は、日本哲学者京都大学文学部名誉教授。中世キリスト教神学などを研究。

職歴[編集]

著作[編集]

全て共著。

  • 上智大学中世思想研究所、山本耕平編訳・監修『中世思想原典集成 14 トマス・アクィナス』平凡社、1993年6月。ISBN 978-4582734249
  • K.リーゼンフーバー、谷隆一郎、山本耕平、荒井洋一 共編著『中世における知と超越―思索の原点をたずねて』創文社、1992年3月。ISBN 978-4423100875
  • 『哲学のエポック』ミネルヴァ書店、1991年。
  • 『キリスト者の敬虔-トマス・アクィナスの「レリギオ」と「ピエタス」の概念をめぐって-』ヨルダン社、1989年。