山本順寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山本 順寛(やまもと よりひろ、1953年1月 - )は、日本工学者東京工科大学元教授。博士(工学)。

人物・経歴[編集]

1980年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了後、東京大学工学部反応科学科助手となる。1985年カルフォルニア大学バークレー校生物化学科博士研究員となり、1987年に東京大学工学部反応科学科助手に復職する。その後、同大講師、助教授を歴任。2003年に、東京工科大学バイオニクス学部(現・応用生物学部)教授に就任。日本コエンザイムQ協会理事長、日本フリーラジカル学会理事、日本抗加齢医学会理事等を務める。専門分野は、生物有機化学、脂質生化学、医化学など。

坐禅読書が趣味で、あだ名は「じゅんかん(Junkan)」[1]

略歴[編集]

著書[編集]

  • 「コエンザイムQ10総合ガイドブック―細胞から元気になる! 」宣伝会議(2003)
  • 「美肌 健康 アンチエイジング CoQ10(コエンザイムQ10)よく効くレシピとエクササイズ」日本実業出版社(2005)
  • 「コエンザイムQ10まるわかりBOOK 」 ワニマガジン社(2005)

脚注[編集]

関連[編集]