山村良安

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
山村良安
時代 江戸時代初期
生誕 文禄元年(1592年
死没 元和4年7月24日1618年9月12日[1]
別名 通称:七郎右衛門[1]
戒名 宗泰[1]
墓所 長野県木曽町興禅寺
幕府 江戸幕府旗本
主君 徳川義直
尾張藩
氏族 山村氏
父母 父:山村良勝、母:遠山友忠[1]
兄弟 良安、稲葉主計室[1]良豊、良弘、
石黒重時室
遠山友政[1]

山村 良安(やまむら たかやす)は、江戸時代初期の武将旗本。木曽代官。

文禄元年(1592年)、山村良勝の長男として誕生。

慶長13年(1608年)、父・良勝が隠居すると家督を継ぐ。大坂冬の陣には徳川義直に従い家臣団、古畑・千村・西尾・島崎・原・宮川・亀子・村井・遠山・沼田・武居・吉村・宮地・平野・上田・今井・野尻・向井等天王寺口を守備した。慶長15年(1610年妻籠宿六斎市(各月3日、8日、13日、18日、23日、28日)を立てることを許可する。

元和元年(1615年)、木曾が尾張藩の所領となると徳川義直に仕え木曾の代官に任じられた[2]。元和4年(1618年)江戸にて出仕中に死去。享年27。

家督は再び父・良勝が継ぎ、義直に再出仕している。その後の家督は弟・良豊が継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『寛政重修諸家譜』第627
  2. ^ 木曽福島関を管理する幕臣でもある。

出典[編集]