この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

山根ことみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 山根ことみ 女流初段
名前 山根ことみ
生年月日 (1998-03-09) 1998年3月9日(21歳)
プロ入り年月日 2014年5月24日(16歳)
棋士番号 49
出身地 愛媛県松山市
師匠 野田敬三六段
段位 女流初段
戦績
2015年4月1日現在

山根 ことみ(やまね ことみ、1998年3月9日 - )は、日本将棋連盟所属の女流棋士。女流棋士番号は49。野田敬三六段門下。愛媛県松山市出身。新田高等学校[1]

棋歴

女流プロになるまで

  • 2007年、小学4年で将棋を本格的に始める。地元松山将棋センターに通い力をつけ、小学5年で文部科学大臣杯第4回小・中学校将棋団体戦で全国優勝の一員となる。
  • 2008年、文部科学大臣杯小学校将棋団体戦優勝[2]。第2回小学生女流将棋名人戦全国大会では四国地区代表として出場し4位[3]
  • 2009年、第3回小学生女流将棋名人戦全国大会では四国地区代表として出場し3位[4]
  • 2010年、中学1年で、全国中学生選抜将棋選手権大会女子の部で北村桂香長谷川優貴を降し優勝[5]。文部科学大臣杯中学校将棋団体戦準優勝[6]。クラブカップ将棋対抗戦チーム対抗戦ユースの部優勝[7]
  • 2011年、全国中学生選抜将棋選手権大会女子の部で和田あきなどを降し2連覇[8]。文部科学大臣杯中学校将棋団体戦準優勝[9]
  • 2012年、全国中学生選抜将棋選手権大会女子の部で3連覇を目指すも準優勝[10]。文部科学大臣杯中学校将棋団体戦準優勝[11]
  • 2013年1月、関西研修会にC2入会[12]
  • 2013年5月18日、第3期リコー杯女流王座戦で2次予選進出[13]
  • 2013年8月にC1に昇級し、9月8日に規定対局数を達成して女流3級資格を取得[12]。資格申請を以って10月1日付での女流3級が内定した[1]
  • 2013年9月23日、第18回こども将棋団体戦準優勝[14]

女流プロ入り後

  • 2013年10月1日付で、連盟関西本部所属の女流3級となる。
  • 2014年2月4日、女流3級として初の対局となる第41期女流名人戦鹿野圭生を降し、デビューを白星で飾る。
  • 2014年5月24日、第4期リコー杯女流王座戦一次予選1回戦で大庭美樹を、決勝で高群佐知子を降す。1年間で参加公式棋戦数と同数の勝星を得、女流2級に昇級を果たし、正式に女流プロとなった[15](当時の女流公式戦数は6で、昇段時点では4棋戦しか参加していないが、6勝を挙げたため前述条件を満たすことが確定した同日付で昇級)。
  • 6月16日の女流王座戦二次予選決勝では、勝てば女流1級昇級となる一局で矢内理絵子に敗れ昇級を逃す。
  • 6月26日、第22期倉敷藤花戦北村桂香を降し、女流棋士昇段規定の女流1級の条件である倉敷藤花戦ベスト8を満たし、女流1級に昇級を果たす[16]
  • 7月30日、倉敷藤花戦準々決勝で村田智穂に敗れ、一気に女流初段昇段は果たせなかった。
  • 11月18日、第7期マイナビ女子オープン本戦2回戦で矢内理絵子と対局。これに敗れ女流初段昇段を逃す。
  • 2015年4月1日、女流初段への昇段条件「年度指し分け以上(7勝以上)」を10勝6敗で満たし、女流初段に昇段[17]
  • 2018年6月より所属を関西から関東に移した[18]

棋風

振り飛車党で、四間飛車を得意とする。

昇段履歴

脚注

  1. ^ a b 山根ことみさんが10月から女流棋士3級に”. 日本将棋連盟 (2013年9月24日). 2015年11月5日閲覧。
  2. ^ 文部科学大臣杯第4回小・中学校将棋団体戦レポート”. 日本将棋連盟. 2015年11月5日閲覧。
  3. ^ 第2回小学生女流将棋名人戦・全国大会”. LPSA(日本女子プロ将棋協会) (2008年9月7日). 2015年11月5日閲覧。
  4. ^ 2009年小・中全国大会棋譜”. LPSA (2009年8月23日). 2015年11月5日閲覧。
  5. ^ 第31回全国中学生選抜将棋選手権大会”. 日本将棋連盟 (2010年8月4日). 2015年11月5日閲覧。
  6. ^ 文部科学大臣杯第6回小・中学校将棋団体戦決勝大会開催報告”. 日本将棋連盟 (2010年8月23日). 2015年11月5日閲覧。
  7. ^ クラブカップ将棋対抗戦”. 日本将棋連盟. 2015年11月5日閲覧。
  8. ^ 第32回全国中学生選抜将棋選手権大会”. 日本将棋連盟 (2011年8月4日). 2015年11月5日閲覧。
  9. ^ 文部科学大臣杯第7回小・中学校将棋団体戦【開催報告】”. 日本将棋連盟 (2011年8月18日). 2015年11月5日閲覧。
  10. ^ 第33回全国中学生選抜将棋選手権大会”. 日本将棋連盟 (2012年8月4日). 2015年11月5日閲覧。
  11. ^ 文部科学大臣杯第8回小・中学校将棋団体戦〈決勝大会〉開催報告”. 日本将棋連盟 (2012年8月17日). 2015年11月5日閲覧。
  12. ^ a b 山根ことみ研修会員が女流棋士3級の資格を取得”. 日本将棋連盟 (2013年9月10日). 2015年11月5日閲覧。
  13. ^ 第3期リコー杯女流王座戦”. 日本将棋連盟. 2015年11月5日閲覧。
  14. ^ 第18回こども将棋団体戦”. 日本将棋連盟. 2015年11月5日閲覧。
  15. ^ 山根ことみ女流3級が女流2級に昇級”. 日本将棋連盟 (2014年5月26日). 2015年11月5日閲覧。
  16. ^ 山根ことみ女流2級が女流1級に昇級”. 日本将棋連盟 (2014年6月27日). 2015年11月5日閲覧。
  17. ^ 2015年4月1日付昇級・昇段者”. 日本将棋連盟 (2015年4月1日). 2015年11月5日閲覧。
  18. ^ 池田将之「関西本部棋士室24時」、『将棋世界』(2018年7月号)、日本将棋連盟 pp. 76-81

関連項目