山根一貫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山根一貫

山根 一貫(やまね かづつら、1869年4月22日明治2年3月11日) - 1917年8月2日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍少将男爵旧姓:橋本。[要出典]

経歴[編集]

陸軍少将山根信成の子息として東京に生まれる。

1891年(明治24年)7月、陸軍士官学校(第2期)を卒業する。1892年(明治25年)3月、歩兵少尉1899年(明治32年)12月に陸軍大学校(13期)を卒業し、陸士勤務となる。のちフランスに駐在する。父の死去に伴い、1895年(明治28年)10月30日、男爵を襲爵した[1]

1909年(明治42年)12月に侍従武官1910年(明治43年)11月には歩兵大佐に昇進。1912年(大正元年)12月、東宮武官長に就任するが、1916年(大正5年)4月1日[2]、陸軍少将に進み、侍従武官を兼務。1917年(大正6年)8月、在職のまま死去した。

栄典[編集]

位階
外国勲章佩用允許

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第3703号、明治28年10月31日。
  2. ^ 『日本陸軍将官辞典』では、1915年2月15日。
  3. ^ 『官報』第2707号「叙任及辞令」1892年7月7日。
  4. ^ 『官報』第3485号「叙任及辞令」1895年2月14日。
  5. ^ 『官報』第7653号「叙任及辞令」1908年12月28日。
  6. ^ 『官報』第6608号「叙任及辞令」1905年7月11日。

参考文献[編集]

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。


日本の爵位
先代:
山根信成
男爵
山根(信成)家第2代
1895年 - 1917年
次代:
山根成一