山根成之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
やまね しげゆき
山根 成之
本名 山根 成之(同じ)
生年月日 (1936-06-14) 1936年6月14日
没年月日 (1991-12-27) 1991年12月27日(満55歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市向島区寺島町
(現・東京都墨田区東向島
国籍 日本の旗 日本
職業 映画監督脚本家
ジャンル コメディ青春アイドル

山根 成之(やまね しげゆき、1936年6月14日 - 1991年12月27日)は、日本映画監督脚本家。1970年代に松竹の映画で活動した。

来歴・人物[編集]

東京府東京市向島区寺島町(現・東京都墨田区東向島)で帽子屋の息子として生まれた。小学生の頃から浅草映画館に通うほどの大の映画好きで、都立両国高校3年の時には年間800本を記録した。その一方で演劇部で活躍し、舞台俳優を目指し劇団俳優座への入団を志したが、方向転換して日本大学芸術学部映画学科に入学し、1960年に卒業後、松竹に入社。高橋治小林正樹中村登篠田正浩野村芳太郎らの作品の助監督につく。作風では、他社(日活)であるが鈴木清順の作品の影響を受けたという。

1968年、『復讐の歌が聞こえる』(貞永方久と共同)で監督に昇格。1973年、『同棲時代』シリーズで単独でメガホンを執る。

以来、コメディや青春もの、芸能事務所と共同製作したアイドルものを多数監督した。

1976年、『さらば夏の光よ』と『パーマネント・ブルー 真夏の恋』で第19回ブルーリボン賞監督賞を受賞。長らく小品の名手として評価されてきたが、1979年から『黄金の犬』『五番町夕霧楼』と一本立大作に進出。見掛け倒しの大作邦画に対する批判が高まっていた時期でもあり、パンフレットなどで「ブルータスの徹は踏まない」と意欲を語っていたが、その後は映画作品は急減する。

1980年代からはテレビドラマの演出も手がける。1991年12月27日、55歳で死去した。

監督[編集]

映画[編集]

  • 復讐の歌が聞こえる(1968年)
  • 同棲時代 今日子と次郎(1973年)
  • 新・同棲時代 愛のくらし(1973年) ※脚本も担当
  • しあわせの一番星(1974年)
  • 愛と誠(1974年) ※脚本も担当
  • あした輝く(1974年) ※脚本も担当
  • 続・愛と誠(1975年) ※脚本も担当
  • おれの行く道(1975年) ※脚本も担当
  • 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ(1975年) ※脚本も担当
  • さらば夏の光よ(1976年)
  • 忍術 猿飛佐助(1976年) ※脚本も担当
  • パーマネント・ブルー 真夏の恋(1976年)
  • おとうと(1976年)
  • 突然、嵐のように(1977年) ※脚本も担当
  • 愛情の設計(1977年)
  • ワニと鸚鵡とオットセイ(1977年)
  • ダブル・クラッチ(1978年)
  • 九月の空(1978年)
  • 黄金の犬(1979年)
  • 五番町夕霧楼(1980年)
  • ヘッドフォン・ララバイ(1983年)
  • 地球物語 テレパス2500(1984年)

テレビ[編集]

脚本[編集]

出典[編集]