山根永遠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山根 永遠 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ヤマネ トワ
ラテン文字 Towa Yamane
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1999-02-05) 1999年2月5日(20歳)
出身地 広島県
身長 167cm
体重 67kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ツエーゲン金沢
ポジション FW
背番号 30
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2017- セレッソ大阪 0 (0)
2019- ツエーゲン金沢 (loan)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月1日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

山根 永遠(やまね とわ、1999年2月5日 - )は、広島県出身のサッカー選手Jリーグツエーゲン金沢所属。ポジションはフォワード

父親は元サンフレッチェ広島山根巌[1]

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

広島出身でジュニアチームからサンフレッチェ広島F.Cの下部組織出身に在籍。高校3年のJユースカップではFC東京U-18に敗れて準優勝になったが、9得点をあげて得点王に輝いた[2]。2016年11月22日、セレッソ大阪から内定が発表された[3]。2016年12月4日、プレミアリーグ第17節の神戸弘陵学園高等学校戦では4得点を決めて、プレミアリーグWESTの優勝に貢献した。チャンピオンシップでは青森山田高校に敗れたが、プレミアリーグWESTの得点王に輝いた。

セレッソ大阪[編集]

2017年よりセレッソ大阪に入団。4月15日、J3第5節のFC東京U-23戦では負けはしたものの、攻撃で好パフォーマンスを披露した[4]。5月21日、J3第9節のガイナーレ鳥取戦でプロ入り初得点を決めた。2018年6月2日、J3第10節のガンバ大阪U-23戦では大阪ダービーで得点を決めた[5]

ツエーゲン金沢[編集]

2019年6月27日、ツエーゲン金沢に育成型期限付き移籍で加入することが発表された[6]。7月14日、第22節の東京ヴェルディ戦で途中出場から移籍後初得点を果たした。[7]

経歴[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2017 C大阪 31 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2018 0 0 0 0 0 0 0 0
2019 0 0 0 0 0 0 0 0
金沢 30 J2 -
通算 日本 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
総通算 0 0 0 0 0 0 0 0
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2017 C大23 31 J3 27 3 27 3
2018 31 5 31 5
2019 13 5 13 5
通算 日本 J3 71 13 71 13
総通算 71 13 71 13
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2018 C大阪 31 0 0
通算 AFC 0 0

タイトル[編集]

チーム[編集]

サンフレッチェ広島ユース

個人[編集]

  • Jユースカップ・得点王(2016年)
  • 高円宮杯U-18サッカーリーグ プレミアリーグ WEST・得点王(2016年)

脚注[編集]

関連項目[編集]