山根赤鬼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山根赤鬼
本名 山根 孝(やまね たかし)
生誕 1935年8月16日
日本の旗 日本 東京都生まれ 富山県下新川郡朝日町育ち
死没 (2003-06-24) 2003年6月24日(67歳没)
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1949年 - 2003年
ジャンル ギャグ漫画 少年漫画
代表作 『よたろうくん』
『かばどんとなおみちゃん』など
受賞 1988年 『まんが5・7・5』で日本漫画家協会賞優秀賞受賞
テンプレートを表示

山根 赤鬼(やまね あかおに、男性、1935年8月16日 - 2003年6月24日)は、日本の漫画家東京都生まれ、富山県下新川郡朝日町育ち。本名は、山根 孝(やまね たかし)。代表作は『よたろうくん』、『かばどんとなおみちゃん』等がある。山根青鬼は兄。

概要[編集]

田河水泡の弟子。筆名は田河水泡につけてもらった。

双子の兄の山根青鬼と共に執筆活動をしていた。スラップスティックな作風の兄と違い、ほのぼのギャグが特徴であった。

また1989年に田河から『のらくろ』の漫画執筆権を譲り受け(暖簾分け)、田河没後もなお執筆を続けた。

略歴[編集]

作品リスト[編集]

  • 北日坊や(1949年、北日本少年新聞、山根青鬼と交代執筆)
  • よたろうくん(1956年-1968年、少年クラブぼくら講談社
  • かのこちゃん(なかよし、講談社、鈴木みちを原作)
  • 王くん(1963年、おもしろブック、集英社
  • てなもんや三度笠(なかよし、講談社)
  • 丸井せん平(1965年-1970年代後半、希望の友潮出版社
  • 団古やる代(1966年、希望ライフ、潮出版社
  • じんべえくん(1969年、COM、虫プロ商事)
  • なぞ形平次とりもの帳(1969年、毎日小学生新聞毎日新聞社
  • 大岡越前守(1970年、講談社)
  • 一休さん(1970年、講談社)
  • かばどんとなおみちゃん(1975年-1985年、1-3年の学習少年チャレンジ学習研究社
  • どんドコどん(1981年-1982年、コミックボンボン、講談社)
  • まんが5・7・5(ポプラ社
  • 山根青鬼・赤鬼漫画道中記(1989年、草の根出版会、山根青鬼との共著)
  • ドクターのらくろ奮戦記(1992年、経済調査会、金田武彦監修)
  • のらくろの川柳まんが(1998年、あゆみ出版)
  • のらくろちゃん(2001年-2003年、漫画新聞、日本漫画学院、山根青鬼と交代執筆)