山浦鉄四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

山浦 鉄四郎(やまうら てつしろう、天保14年(1843年) - 明治12年(1879年))は、幕末武士新撰組に加入したとされる会津藩士。

会津藩士で、池田屋事件の後に松平容保が新撰組に派遣した藩士の1人[1]藤堂平助とは「懇親なる友人」だったとされる(桑名藩士の小山正武による『史談会速記録』)。会津戦争では会津軍に参戦して負傷した[1]明治時代には西周の塾生であったと記録されている(『史談会速記録』)。明治12年(1879年)に36歳で病死[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 相川、2011年、p.465

参考文献[編集]