山添喜三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山添 喜三郎(やまぞえきさぶろう、1843年 - 1923年5月16日)は、明治初期の建設技術者。

現在の新潟県出身。船大工をしていたが、東京に出て松尾伊兵衛に建築を学んだ。松尾とともにウィーン万国博覧会1873年)に参加し、屋外展示の日本建築(神社、商店)を建設。大工たちの仕事は大変好評を博し、閉会後、イギリスのアレクサンドラ・パーク社 (Alexandra Palaceに頼まれ、ウィーンから日本建築をロンドンに解体移築し、新たに土蔵を建設した。1年間ほどウィーンロンドンで西欧建築にふれ、帰国すると、内務省の建築営繕を担当した。その後、宮城県技師に転身し多くの公共建築を設計建設し、和洋折衷の登米(とよま)小学校(宮城県登米(とめ)市)などが残っている。

主な作品[編集]

出典[編集]

  • 澳国博覧会参同記要:澳国博覧会後建築術ノ経歴、1897年.