山田ラファエル ユウゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山田ラファエル ユウゴ Football pictogram.svg
名前
愛称 ラファ
ラテン文字 Yamada Rafael Yugo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1982-10-29) 1982年10月29日(36歳)
出身地 ブラジルの旗 ブラジルサンパウロ
身長 175cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム バサジィ大分
ポジション FP
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2009 日本の旗 名古屋オーシャンズ
2009-2011 日本の旗 デウソン神戸
2011-2018 日本の旗 府中アスレティックFC
→2015 タイ王国の旗 チョンブリ(期限付き)
2018-2018.9 中華人民共和国の旗 河南建業
2018.10 バサジィ大分
代表歴
2010 日本代表
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

山田ラファエル ユウゴ(やまだラファエル ユウゴ、1982年10月29日 - )は、ブラジルサンパウロ出身、日本国籍のフットサル選手日本フットサルリーグのバサジィ大分所属。ポジションはFP

経歴[編集]

23歳だった2006年に兄でゴレイロの山田マルコス勇慈とともに訪日。同2006年には兄が日本国籍を取得している[1]。2007年のFリーグ開幕時には兄弟揃って名古屋オーシャンズに在籍し、2シーズンプレーした。2007年12月22日には日本国籍取得が発表された。

2009年にはデウソン神戸に移籍。2010年にはミゲル・ロドリゴ監督によって日本代表に選出され、中国に遠征して中国国際フットサルトーナメントに出場した[2]。2010-11シーズンには名古屋に次ぐ2位となり、自身は26試合出場34得点でFリーグ得点王となった。

2011年には府中アスレティックFCに移籍。2012年9月8日のバサジィ大分戦は0-0の緊迫した展開が続いたが、残り17秒で得点して勝利を決めた[3]。2013年1月の名古屋戦ではFリーグ史上4人目となる通算100得点を達成した。2015-16シーズン途中の2015年6月から8月には、タイのチョンブリ・ブルーウェーブ(en)に期限付き移籍した[4]AFCフットサルクラブ選手権に出場するチョンブリは得点力のある選手を求めており、また山田も国際レベルの試合経験を希望していたため、チョンブリと交流のある府中は期限付き移籍という形で山田の体を差し出した。

2018年10月よりバサジィ大分加入

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 オーシャン杯 全日本選手権 期間通算
2007-08 名古屋 Fリーグ ?? ?
2008-09 ?? ?
2009-10 神戸 ?? ?
2010-11 ?? ?
2011-12 府中 ?? ?
2012-13 ?? ?
2013-14 26 14
2014-15 10 28 14
2015-16 10
通算 日本 Fリーグ
日本
総通算

脚注[編集]

[ヘルプ]