山田一尋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
山田一尋
人物情報
居住 日本の旗 日本
出身校 新潟大学
学問
研究分野 矯正・小児系歯学/歯科矯正学
研究機関 新潟大学松本歯科大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

山田 一尋(やまだ かずひろ)は日本歯科医師歯学者松本歯科大学歯学部歯科矯正学講座教授。

経歴[編集]

1981年に新潟大学卒業、1985年に同大学院修了[1]。同年 歯学博士 論文の題は「成長に伴うラット下顎骨咬筋深層付着部の移動様式に関する組織学的研究] [2]。 以後新潟大学助手、講師を努め2007年より松本歯科大学教授に就任[1]

著書[編集]

所属学会[編集]

学職
先代:
田中昌博
第47回
2011年10月
兵庫医療大学
日本顎口腔機能学会学術大会 大会長
第48回
2012年4月
松本歯科大学
次代:
鱒見進一
第49回
2012年10月
九州歯科大学
先代:
三浦廣行
第71回
2012年
マリオス盛岡地域交流センター
日本矯正歯科学会大会 大会長
第72回
2013年
長野県松本文化会館
松本市総合体育館
次代:
葛西一貴
第73回
2014年
幕張メッセ
先代:
寺田員人
第28回
2013年
日本歯科大学新潟生命歯学部
甲北信越矯正歯科学会大会 大会長
第29回
2014年
松本歯科大学
次代:
齋藤功
第30回
2015年
朱鷺メッセ

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 山田 一尋”. J-GLOBAL. 科学技術総合リンクセンター (2014年5月1日). 2015年1月29日閲覧。
  2. ^ 博士論文書誌データベースによる
  3. ^ 2014年 公益社団法人日本矯正歯科学会 役員・委員会一覧 (PDF)”. 日本矯正歯科学会. 2015年1月29日閲覧。
  4. ^ 会則・役員”. 甲北信越矯正歯科学会. 2015年1月29日閲覧。
  5. ^ 役員・委員会”. 日本顎関節学会. 2015年1月29日閲覧。
  6. ^ 日本顎口腔機能学会役員(平成26年度) (PDF)”. 日本顎口腔機能学会. 2015年1月29日閲覧。
  7. ^ 役員”. 日本顎変形症学会. 2015年1月29日閲覧。