山田典枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山田 典枝
誕生 ????10月14日[1]
日本の旗 日本東京都[1]
職業 脚本家
作家
言語 日本語
代表作魔法遣いに大切なこと
主な受賞歴 第15回BKラジオドラマ脚本賞佳作(『犬を飼いましょう』)
デビュー作中学生日記
配偶者 篠﨑雄一郎
所属 日本脚本家連盟[1]
公式サイト 山田魔法事務所受付
テンプレートを表示

山田 典枝(やまだ のりえ、10月14日[1] - )は、日本脚本家作家東京都出身[1]日本脚本家連盟ライターズスクール(現:日本脚本家連盟スクール)修了(第51期生)[2]。夫はイラストレーター漫画家の篠﨑雄一郎[3]

脚本家の竹内日出男に師事し[1]、『中学生日記』で脚本家デビュー[いつ?]。代表作に『魔法遣いに大切なこと』シリーズがある。日本脚本家連盟会員[1]山田典枝および田山りくの名はペンネームであり、いずれも本名ではない[要出典]。代表作である『魔法遣いに大切なこと』シリーズは本人にとって特に想い入れが強い作品であり、この作品に因んで公式サイトのタイトルも『山田魔法事務所受付』となっている[要出典]

作品リスト[編集]

脚本[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

ラジオドラマ[編集]

映画[編集]

漫画原作・原案[編集]

小説[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g ABOUT ME 山田典枝公式webサイト 山田魔法事務所受付
  2. ^ a b c d 日本脚本家連盟 活躍する卒業生たち
  3. ^ 山田 典枝 - Facebook
  4. ^ 本人によると、当作に関わったのは1回限りであり、その後は当作で脚本を担当することは無かったという[要出典]
  5. ^ この作品は、主人公である菊池ユメが岩手県遠野に帰省後、師匠である小山田雅美に宛てて認めた手紙という形式で執筆されており、一般的な小説作品とはストーリー様式が大きく異なっている[独自研究?]