山田午郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山田午郎 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ヤマダ ゴロウ
ラテン文字 YAMADA Goro
基本情報
生年月日 1894年3月3日
大日本帝国の旗 大日本帝国, 福島県安達郡
没年月日 (1958-03-09) 1958年3月9日(64歳没)
日本の旗 日本, 東京都大田区
選手情報
ポジション HB
ユース
東京府青山師範学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
東京蹴球団
監督歴
1925 日本の旗 日本
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

山田 午郎 (やまだ ごろう、1894年明治27年〉3月3日 - 1958年昭和33年〉3月9日)は、福島県安達郡二本松町 (現:二本松市)出身のサッカー選手サッカー指導者。「サッカージャーナリストの草分け」と呼ばれる人物。

経歴[編集]

高等小学校を卒業し地元の小学校で代用教員を務めた後、東京府青山師範学校に入学しサッカーを学んだ。1917年大正6年)に青山師範を卒業して小学校の教員として勤務する傍ら、内野台嶺の勧誘により東京蹴球団に入団。1921年(大正10年)の第1回全国優勝大会(現在の天皇杯)決勝では右のHBとして出場し優勝に貢献した。

1925年(大正14年)の第7回極東選手権では日本代表監督を務め、その年には少年向けの指導書「ア式フットボール」を出版したが、翌年に教員を辞して朝日新聞社に入社し運動部記者となり、1939年昭和14年)から1941年(昭和16年)まで運動部長を務めた。戦前の日本サッカー黎明期に取材を続け、サッカーの普及、発展に尽力した事で、サッカー記者の草分け的存在と呼ばれている。また戦後には協会機関誌「蹴球」の編集長を務めた。

1958年(昭和33年)、東京都大田区脳出血のため死去、享年64。墓所は福島県二本松市の大隣寺にある[1]

生前の功績が認められて2005年平成17年)に第1回日本サッカー殿堂入りを果たした。

選手経歴[編集]

指導者経歴[編集]

著書[編集]

  • 山田午郎『ア式フットボール』杉田日進堂、1925年1月1日。ASIN B008YT9X6Q

脚注[編集]