山田卓也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山田 卓也 Football pictogram.svg
Yamada.jpg
名前
愛称 タク、ヤマタク
カタカナ ヤマダ タクヤ
ラテン文字 YAMADA Takuya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1974-08-24) 1974年8月24日(44歳)
出身地 東京都世田谷区
身長 178cm[1]
体重 80kg[1]
選手情報
ポジション DF / MF
利き足 右足
ユース
桐蔭学園高校
駒澤大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-2005 V川崎/東京V 235 (22)
2006 セレッソ大阪 20 (0)
2007-2008 横浜FC 50 (5)
2009 サガン鳥栖 43 (1)
2010-2015 タンパベイ 115 (4)
2015 FC今治 2 (0)
2016 奈良クラブ 13 (1)
2017 FC今治
代表歴2
2003-2004 日本の旗 日本 4 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年8月23日現在。
2. 2004年8月18日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

山田 卓也(やまだ たくや、1974年8月24日 - )は、東京都世田谷区出身の元サッカー選手。ポジションはDF(右サイドバック)、MFボランチ、右ウイングバック)。

略歴[編集]

東京ヴェルディ在籍時はチームキャプテンを務めた。また、2003年12月7日の東アジアサッカー選手権2003香港代表戦で日本代表として初出場した[2]

2005年に東京VのJ2降格が決定後も、山田は東京Vに残ることを前提に、他クラブからのオファーがあれば評価は聞いてみたいというスタンスであった事を本人ブログにて表明、結果的に2006年セレッソ大阪に移籍。

C大阪では、塚田雄二監督(当時)の信頼を獲得し、リーグ前半では主にボランチで視野の広さを生かしたゲーム・メイクを披露。だがチームは低迷し、山田自身の長期離脱もあり、結局J2に降格。シーズン終了後に退団。その後、オーストラリアアデレード・ユナイテッドFCや、平野孝メジャーリーグサッカーニューイングランド・レボリューションの練習に参加。

2007年6月横浜FCへの入団が正式に決まった。トレードマークの長髪を刈り切ってのスタートであった。主に右サイドバックでスタメン起用されている。しかし、2007年に横浜FCも降格し、山田の所属したチームは3年連続で降格することになった。

2008年限りで横浜FCを退団し、2009年1月20日サガン鳥栖への完全移籍が発表された。

鳥栖では、若手選手主体のチームにおいて、その豊富な経験や知識をチームに伝えるなど、リーグ戦を通して出場し、チームの顔としてクラブを牽引。ただ、山田をクラブに引っ張った岸野靖之の監督退任と共に、鳥栖を山田も去ることとなった。

2010年、アメリカのUSSF D2へ新規加入をするFCタンパベイのトライアウトに参加し、ボランチでのプレーぶりを監督のポール・ダルグリッシュ英語版が高評価し、契約となった。クラブのプレスリリースも日本を代表するスター選手の加入と大きな期待を見せた[3]。シーズン途中には、日本人として初めて共同キャプテンに任命され、キャプテンマークを巻いてチームを牽引する。

2011年、USSF D2が北米サッカーリーグ(NASL)として再発足。

2012年、レギュラーシーズンでリーグ唯一の全28試合全時間出場(2520分)を記録。北米サッカーリーグ年間ベスト11に選出され、[4]、リーグ優勝も見事に果たした。

2013年、レギュラーシーズン22試合に出場し、ラウディズ及びアメリカで100試合出場を達成する[5]

2014年、クラブ創設以来唯一ラウディズでプレーを続ける選手となる[6]

2015年7月、元日本代表監督の岡田武史がオーナーを務める当時四国サッカーリーグ所属のFC今治に加入[7]

2016年より奈良クラブに完全移籍により加入した[1]。同年シーズン終了後に退団[8]

2017年8月、FC今治に復帰[9]。同年11月に現役引退が発表された[10]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1994 駒大 2 - - - 1 0 1 0
1995 - - - 1 0 1 0
1996 - - - 2 0 2 0
1997 V川崎 25 J 22 1 3 0 0 0 25 1
1998 22 7 0 4 0 3 0 14 0
1999 2 J1 29 3 4 0 4 0 37 3
2000 30 4 5 0 2 0 37 4
2001 東京V 29 2 2 0 3 0 34 0
2002 28 1 6 1 1 0 35 2
2003 30 10 6 0 3 0 39 10
2004 27 1 4 2 5 2 36 5
2005 33 0 5 1 1 0 39 1
2006 C大阪 7 20 0 6 0 0 0 26 0
2007 横浜FC 32 19 1 - 2 0 21 1
2008 J2 31 4 - 2 0 33 4
2009 鳥栖 43 1 - 2 0 45 1
アメリカ リーグ戦 リーグ杯USオープン杯 期間通算
2010 タンパベイ 32 USSF D2 29 0 - 0 0 29 0
2011 NASL 24 1 - 24 1
2012 30 3 - 2 0 32 3
2013 22 0 - 2 0 24 0
2014 10 0 - 10 0
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2015 今治 2 四国 2 0 - 1 0 3 0
2016 奈良 28 JFL 13 1 - 2 0 15 1
2017 今治 2 - -
通算 日本 J1 274 23 45 4 24 2 343 29
日本 J2 74 5 - 4 0 78 5
日本 JFL 13 1 - 2 0 15 1
日本 四国 2 0 - 1 0 3 0
日本 - - 4 0 4 0
アメリカ USSF D2 29 0 29 0
アメリカ NASL 86 4 4 0 90 4
総通算

その他の公式戦

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 4試合 0得点(2003年 - 2004年)


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2003 1 0
2004 3 0
通算 4 0

脚注[編集]

関連項目[編集]