山田和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

山田 和夫(やまだ かずお、1928年 - 2012年8月11日[1])は、日本映画評論家映画史家、映画運動家。

来歴[編集]

  • 大阪府大阪市出身。高知高等学校卒業、東京大学経済学部卒業
  • 東京大学在学中に同学に自由映画研究会を堤清二富本壮吉などと設立。
  • 1951年に映画業界紙の合同通信社に入社。記者として人脈等を深め、1962年よりフリーとして活動する。
  • エイゼンシュテイン・シネクラブ(日本)代表。『戦艦ポチョムキン』の自主上映運動などで名を馳せる。
  • 映画提供会社の国際シネマ・ライブラリーの運営に関与し、同社を通じて、ロシア・ソビエト、ラテンアメリカ諸国、ベトナムなどの映画の紹介に尽力。
  • 日本及び、世界の映画史、映画産業を研究。モスクワ国際映画祭、ハバナ国際映画祭へ参加などを通じて、ロシア・ソビエト、ラテンアメリカ諸国の映画に精通し、両国(地域)の映画文化を紹介する。ベトナム社会主義共和国より友好勲章、キューバ共和国より文化功労章などを受章している。また、映画業界紙記者の経験もあり、映画を産業的側面からも論じられる数少ない映画評論家。
  • 1954年に日本共産党に入党。同党映画後援会代表を務めた他、「しんぶん赤旗」の常連執筆者であった。
  • 九条の会」傘下の「マスコミ九条の会」呼びかけ人を務めていた[2]。日本映画復興会議の代表委員をつとめた。第二次世界大戦での日本を肯定的に描いた『プライド 運命の瞬間』、『ムルデカ17805』などの映画を痛烈に批判した。

主な著・編書 など[編集]

  • 「世界映画資料」 1〜28号(刊:映画タイムズ社、世界映画資料社/1957〜1961年)
  • 「エイゼンシュテイン―生涯とその思想」(刊:紀伊国屋新書/1964年)
  • 「エイゼンシュテイン全集」(刊:キネマ旬報社/編:エイゼンシュテイン全集刊行委員会/1973-1993年)
  • 「戦艦ポチョムキン」(刊:大月書店/1978年)
  • 「ハリウッド 良心の勝利」(刊:新日本出版社/1992年)
  • 「映画100年―映画が時代を語るとき」(刊:新日本出版社/1995年)
  • 「日本映画101年―未来への挑戦」(刊:新日本出版社/1997年)
  • 「ロシア・ソビエト映画史―エイゼンシュテインからソクーロフへ」(刊:キネマ旬報社/1997年)
  • 黒澤明・人と芸術」(刊:新日本出版社/1999年)
  • 「映画で世界を読む」(刊:新日本出版社/2001年)

[編集]

  1. ^ しんぶん赤旗2012年8月13日付
  2. ^ マスコミ九条の会(よびかけ人はだれですか)