山田哲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山田 哲(やまだ てつ、1961年2月1日 - )は日本実業家日本コカコーラ副社長、フェニックスリゾート社長、ローソンオーバーシーズカンパニー社長を経て、タイトー社長。

人物[編集]

東京都出身。1983年一橋大学経済学部卒業。大学時代はアイスホッケー部に所属。同年東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行。1989年マサチューセッツ工科大学経営大学院修了(経営学修士)、1990年ハーバード大学ハーバード・ビジネス・スクール修了(MBA)。

1996年日本コカ・コーラストラテジックプランニング統括部長、1999年同社ストラテジックマーケティング副社長ヘルシーカテゴリー担当。ミニッツメイドQooなどのブランド責任者を務めた[1]

2000年ディールタイムドットコム日本法人代表取締役社長兼CEO。

徹底した現場主義を標榜し、2002年にはスターバックス コーヒー ジャパンで店舗スタッフを務めた[2]。同年スターバックス コーヒー ジャパン店舗運営部門オフィサー、2003年同社店舗運営部門エリアマネージャー、2004年同社オフィサー事業開発本部長。サントリーと共同でチルドカップコーヒーの発売を開始[3]

2008年3月フェニックスリゾート副社長就任。2008年4月丸山康幸の後任として、フェニックスリゾート代表執行役社長兼最高経営責任者に就任[4]

2009年株式会社ユー・エス・ジェイ執行役員コーポレート・マーケティング・パートナーシップ本部長、2012年からローソン上級執行役員・海外事業グループ最高執行責任者COO)、経済産業省産業構造審議会通商政策部会委員。2013年からローソン上級執行役員・オーバーシーズカンパニー副社長兼海外事業推進部長。2014年ローソン上級執行役員・オーバーシーズカンパニー社長[5]

2016年株式会社タイトー取締役副社長、2017年同社代表取締役社長。

出演[編集]

TV[編集]

NHK

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2008/03/04, 日本経済新聞
  2. ^ 日経産業新聞2017/07/07、20p
  3. ^ 2006/04/28, 日経MJ(流通新聞)
  4. ^ 2008/03/04, 日本経済新聞
  5. ^ 【人事】​タイトー、4月1日付で元日本コカコーラ副社長、フェニックスリゾート社長の山田哲氏が代表取締役社長に就任Gigazine2017年02月28日


先代:
丸山康幸
フェニックスリゾート社長
2008年 - 2009年
次代:
河本和彦
先代:
石井光一
タイトー社長
2017年 -
次代:
(現職)