山田大治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
山田大治
DAIJI Yamada
Toyamano81017.jpg
ポジション PF
背番号 8
身長 200cm (6 ft 7 in)
体重 105kg (231 lb)
血液型 O型
足のサイズ 32cm
基本情報
本名 山田大治
ラテン文字 DAIJI Yamada
日本語 山田大治
誕生日 (1981-06-08) 1981年6月8日(39歳)
日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市
出身 大阪高校
日本大学
NBAドラフト  
選手経歴
2004-2007
2007-2008
2008-2011
2011-2016
2016-2018
2018-2020
トヨタ自動車
パナソニック
レラカムイ北海道
リンク栃木ブレックス
広島ドラゴンフライズ
富山グラウジーズ

山田 大治(やまだ だいじ、1981年6月8日 - )は、大阪府大阪市出身の男子プロバスケットボール選手である。 ポジションはパワーフォワードであるが、スモールフォワードからセンターまでこなせる。200cm、105kg。元日本代表

来歴[編集]

リンク栃木ブレックス時代

歌島中でバスケを始め、大阪高を経て、日本大学に進む。2001年のヤングメン日本代表に選出され、4年次には、インカレでは優勝に貢献し、MVP、得点王、リバウンド王の3冠を獲得。

卒業後の2004年、トヨタ自動車に入社。バスケットボール部に所属する。

2mの長身ながら1対1に強く、チームの得点として2005-06シーズンのスーパーリーグ優勝、2007年のオールジャパン初優勝に貢献。

2005年にはアジア選手権などの代表に選ばれ、2006年の世界選手権にも出場した。

2007年、地元大阪のパナソニックトライアンズに移籍。

2008年、レラカムイ北海道に移籍。

2011年、リンク栃木ブレックスに移籍。

2016年オフ、B2の広島ドラゴンフライズへ移籍[1]

2018年、B1の富山グラウジーズに移籍。

2020年オフ、富山との契約が満了、その後他のクラブなどとも契約はしていないが引退宣言は行っていない。現在は元富山グラウジーズの呉屋貴教が富山で主催する、バスケットボールスクールのクラブチームコーチを務める[2]

経歴[編集]

  • 大阪高 - 日大 - トヨタ自動車 - パナソニック - 北海道 - リンク栃木 - 広島 - 富山

日本代表歴[編集]

  • 2001年ヤングメン世界選手権
  • 2005年アジア選手権
  • 2006年世界選手権
  • 2010年アジア大会

脚注[編集]

  1. ^ 山田大治選手契約合意(新規)のお知らせ 広島ドラゴンフライズ 2016年7月11日
  2. ^ 『富山で指導者デビュー 元グラウジーズの山田大治 子供たちに経験伝える』北日本新聞 2020年11月29日12面

関連項目[編集]