山田天満宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山田天満宮
Yamada tenmangu.JPG
所在地 愛知県名古屋市北区山田町3丁目
位置 北緯35度11分45秒
東経136度56分18秒
座標: 北緯35度11分45秒 東経136度56分18秒
主祭神 菅原道真
創建 寛文12年(1672年)
例祭 10月25日
テンプレートを表示

山田天満宮(やまだてんまんぐう)は、愛知県名古屋市北区にある神社天満宮)。

由緒[編集]

寛文12年(1672年)、尾張徳川家二代目藩主徳川光友尾張藩の学問祈願所ならびに名古屋城鬼門守護神として太宰府天満宮から菅原道真の神霊を勧請し、春日井郡山田郷(現在の北区山田町)に社殿を創建した。

祭事[編集]

  • 1月1日 歳旦祭
  • 1月16日 左義長祭(どんど焼)
  • 1月25日 初天神・うそ替え神事
  • 6月30日 夏越大祓・赤丸神事(虫封じ)
  • 10月24日 宵宮祭
  • 10月25日 例大祭
  • 12月第2日曜 人形供養神事
  • 12月25日 しまい天神
  • 12月30日 大祓

金神社[編集]

金神社

金神社こがねじんじゃ)は延享3年(1746年)に創建された神社。山田町4丁目に鎮座していたが、昭和58年(1983年)に山田天満宮に合祀された。金運招福・商売繁盛の御利益があるとされ、銭洗いで知られる。

祭神[編集]

祭事[編集]

  • 1月3・8日 初金祭
  • 8月8日 金護摩祭(護摩焚き神事)

関連項目[編集]

山田天満宮も含めて名古屋三天神と呼ばれる。