山田宗樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山田 宗樹
(やまだ むねき)
誕生 (1965-11-02) 1965年11月2日(53歳)
日本の旗 愛知県犬山市
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 筑波大学大学院農学研究科修士課程修了
活動期間 1998年 -
代表作嫌われ松子の一生』(2003年)
『百年法』(2012年)
主な受賞歴 横溝正史ミステリ大賞(1998年)
日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)(2013年)
デビュー作 『直線の死角』(1998年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

山田 宗樹(やまだ むねき、1965年11月2日[1] - )は、日本小説家愛知県犬山市出身[2]愛知県立丹羽高等学校卒業[2]筑波大学大学院農学研究科修士課程修了[2]

製薬会社で農薬の研究開発に従事した後、『直線の死角』で第18回横溝正史ミステリ大賞を受賞し作家デビュー。以後、運命に翻弄される女性を題材にした小説を著す。2006年に『嫌われ松子の一生』(2003年幻冬舎刊)が映画、ドラマ化されたことに続き、2007年3月には『黒い春』(2005年幻冬舎文庫刊)がWOWOWドラマW枠でドラマ化された。

文学賞受賞・候補歴[編集]

著作[編集]

単行本[編集]

  • 直線の死角(1998年5月 角川書店 / 2003年5月 角川文庫
  • 死者の鼓動(1999年3月 角川書店 / 2010年10月 幻冬舎文庫) 
  • 黒い春(2000年3月 角川書店 / 2005年10月 幻冬舎文庫) 
  • 嫌われ松子の一生(2003年2月 幻冬舎 / 2003年6月 幻冬舎スタンダード / 2004年8月 幻冬舎文庫【上・下】) 
  • 天使の代理人(2004年5月 幻冬舎 / 2006年4月 幻冬舎文庫【上・下】) 
  • 聖者は海に還る(2005年3月 幻冬舎 / 2008年4月 幻冬舎文庫) 
  • ゴールデンタイム―続・嫌われ松子の一生(2006年5月 幻冬舎 / 2008年10月 幻冬舎文庫) 
  • ランチブッフェ(2006年7月 小学館
    • 収録作品:二通の手紙 / 混入 / ランチブッフェ / 電脳蜃気楼 / やくそく / やまの子 
  • ジバク(2008年2月 幻冬舎 / 2010年4月 幻冬舎文庫)  
  • 人は、永遠に輝く星にはなれない(2008年6月 小学館 / 2011年2月 小学館文庫
  • 魔欲(2009年4月 角川書店 / 2012年7月 角川文庫)
  • 乱心タウン(2010年3月 幻冬舎 / 2012年10月 幻冬舎文庫)
  • 百年法(2012年7月 角川書店【上・下】 / 2015年3月 角川文庫【上・下】)
  • いよう!(2013年2月 ポプラ社
  • ギフテッド(2014年8月 幻冬舎 / 2016年8月 幻冬舎文庫)
  • 代体(2016年5月 KADOKAWA / 2018年5月 角川文庫)
  • きっと誰かが祈ってる(2017年9月 幻冬舎)
  • 人類滅亡小説(2018年9月 幻冬舎)

アンソロジー[編集]

「」内が山田宗樹の作品

映像化作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 嫌われ松子の一生”. Movie. 東宝WEB SIDE. 2016年10月24日閲覧。
  2. ^ a b c 著者紹介”. いよう!. オンライン書店e-hon. 2016年10月24日閲覧。
  3. ^ 『罪の声』『バベル九朔』など話題作目白押し! 第7回「山田風太郎賞」候補作品決定”. ダ・ヴィンチニュース. KADOKAWA (2016年10月5日). 2017年5月25日閲覧。