山田巳之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やまだ みのすけ
山田 巳之助
本名 同じ
生年月日 (1893-11-13) 1893年11月13日
没年月日 (1968-08-03) 1968年8月3日(74歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市(現在の東京都
職業 俳優
ジャンル 新派新劇劇映画現代劇時代劇サイレント映画トーキー)、テレビ映画
活動期間 1914年 - 1967年
主な作品
生きる

山田 巳之助(やまだ みのすけ、1893年11月13日 - 1968年8月3日)は、日本の俳優である。本名同じ。

来歴・人物[編集]

1893年(明治26年)11月13日東京市に生まれる。府立第三中学から郁文館中学に転校して同校を中退[1][要高次出典]

1914年(大正3年)、井上正夫の門下となり、1950年(昭和25年)に井上が亡くなるまで彼の主演する映画や舞台に出演した[1][2]1915年(大正4年)、天活が井上一座と契約を結んで製作した連鎖劇の第1作『搭上の秘密』で映画に初出演し、小林商会による井上主演の連鎖劇に脇役出演した[1]。その後、井上に従って国活松竹蒲田撮影所松竹下加茂撮影所の映画に出演し、1936年(昭和10年)には新興キネマ製作の『大尉の娘』でトーキー映画に初出演した。戦中は井上演劇道場に在籍した[3]

戦後、井上の第2次新協劇団移籍により山田も同劇団に入るが、戦前期に長く在籍した松竹に戻って舞台出演を続けた[1][2]。その一方、映画にも脇役として、黒澤明監督の『生きる』、山村聡監督の『蟹工船』等に出演。1954年(昭和29年)からは東宝の専属俳優となり[2]稲垣浩監督『無法松の一生』や特撮映画に出演した。1960年代頃からはテレビドラマにも出演している。

1968年(昭和43年)8月3日、死去[4][要高次出典]。74歳没。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 日本の日蝕(1959年、NHK) - 村長
  • 愛の劇場 第35話「男やもめ」(1960年、NTV
  • ダイヤル110番(NTV)
    • 第148話「上野発22時15分」(1960年)
    • 第233話「すれっからし」(1962年)
    • 第270話「浮浪者殺人事件」(1962年)
    • 第292話「山峡の男」(1963年)
    • 第354・355話「江戸川堀江町」(1964年)
  • 東芝日曜劇場TBS
    • 第224話「忍ぶ川」(1961年)
    • 第236話「今夜も月が出る」(1961年)
    • 第266話「紫式部絵巻」(1962年)
    • 第268話「続・忍ぶ川」(1962年)
    • 第375話「みだれ」(1964年)
    • 第395話「じゃまっけ」(1964年)
    • 第484話「かみなり」(1966年) - 日野家の老僕
    • 第563話「おたふく物語」(1967年) - おしづの父
  • 山本周五郎アワー 第3話「藪の陰」(1961年、TBS) - 梶井図書
  • 阿部一族(1961年、NTV) - 用人佐兵衛
  • 指名手配 第118・119話「運命のあずき買い」(1962年、NET
  • 連続テレビ小説 / あかつき(1963年 - 1964年、NHK)
  • ポーラ名作劇場 第33話「閣下」(1963年、NET) - 村長
  • テレビ指定席 / 木偶(1963年、NHK)
  • 判決(NET)
    • 第110話「冬近く」(1964年)
    • 第111話「孤影」(1964年) - 老人
    • 第162話「ガラスの部屋」(1965年)
  • シオノギテレビ劇場 / 巷談本牧亭(1966年、CX
  • 三匹の侍 第5シリーズ 第4話「狼が死んだ」(1967年、CX)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『日本映画俳優全集・男優篇』p.609
  2. ^ a b c 新撰 芸能人物事典 明治〜平成「山田巳之助」の項
  3. ^ 俳優名鑑”. 劇団新派. 2017年11月3日閲覧。
  4. ^ 『演劇年鑑』p.173