山田康夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山田 康夫(やまだ やすお、1941年2月15日 - 1990年3月5日)は元NHKチーフアナウンサー

人物[編集]

山梨県甲府市出身。中央大学法学部を卒業後、1963年入局。同期に森本毅郎(現フリー)がいる。入局の翌年から大相撲実況中継を晩年まで担当するなど、様々なスポーツの実況中継で活躍した。

当時のNHKアナウンサーとしてはややテンションが高いアナウンスであったが、念入りな下調べに基づいて実況に差し挟まれる情報の正確さや、放送中の機転や気配りで、大相撲実況中継の名アナウンサーとして角界からの信頼も厚かった。昭和最後の場所となった1988年11月場所で、横綱千代の富士が横綱大乃国に敗れ、連勝が53でストップした取組も山田が実況していた。

また、山田は草野仁(現:フリー)と共にNHK競馬中継も担当していた。ミスターシービー三冠馬となった1983年の牡馬クラシックレース(皐月賞菊花賞)のNHK中継の実況を担当した。

さらに、1988年のソウルオリンピックの男子柔道95kg超級の実況を担当したアナウンサーも山田だった。この階級で斉藤仁が金メダルを獲得した。

1989年9月場所の大相撲中継を最後に[1]、体調不良のため入退院を繰り返す[2]ようになり、翌1990年3月5日、脳内出血のため在職のまま49歳で死去した。

脚注[編集]

  1. ^ 生涯最後の実況はこの場所の千秋楽、大乃国が負け越しを喫した一番であった。
  2. ^ 没後の週刊誌報道では[要文献特定詳細情報]、アナウンサーとしての激務の中、風邪を引くたびに抗生物質を服用しており、その副作用が発病の原因と指摘されている。