山田悦司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

山田 悦司(やまだ えつじ、生年不明 - 1996年1月[1])は、日本男性音響監督

概要、人物[編集]

洋画吹き替えとアニメの双方で活躍。出崎統作品やトランスグローバル製作の吹替に参加することが多かった。

それいけ!アンパンマン』では放送開始時から96年3月放送分を担当、中尾隆聖によると声優のキャスティングを自分に全て委ねてくれた同作を「特別な作品」としていたという[2]。亡くなった後も、映画は2003年まで、TVシリーズは現在も録音監督としてクレジットされている。

朝から現場入りした際はカレーパン2つとコーヒーがルーティンだったという[3]

スピルバーグ監督作やディズニー作品など本国の監修の入る吹替に参加する事も多く、現場では出演者らに「拘りのある数名の役はご自身が選びたかったそうです」と話す事もあったという[4]

息子は音響監督の山田知明[5]。弟子に岩浪美和がいる。

参加作品[編集]

※特記のない限り全て音響監督としての参加

テレビアニメ[編集]

1972年

1977年

1978年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1995年

OVA[編集]

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1991年

1993年

1994年

劇場アニメ[編集]

1980年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

洋画・海外ドラマ[編集]

出典[編集]

  1. ^ モクテキハオハカマイリデス 戸田恵子 オフィシャルブログ Show Must Go On 2011年6月4日
  2. ^ 中尾隆聖『声優という生き方』北畠夏影、イースト・プレス〈仕事と生き方〉、2019年5月20日、186頁。ISBN 978-4-7816-8058-3。
  3. ^ アーツビジョンの木野内正義のツイートより
  4. ^ 佐久間レイのツイートより
  5. ^ “潘ちゃん×潘さん交換日記 : 私たちのハンター試験 潘恵子”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル). (2014年8月30日). http://mantan-web.jp/2014/08/30/20140830dog00m200015000c.html 2012年12月6日閲覧。 

関連項目[編集]