山田拓郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山田 拓郎
やまだ たくろう
生年月日 (1973-04-01) 1973年4月1日(45歳)
出生地 愛知県犬山市
出身校 名古屋経済大学経済学部
前職 犬山市議会議員
所属政党 無所属
公式サイト 山田たくろう公式サイト

当選回数 2回
在任期間 2014年12月17日 - 現職

Flag of Inuyama, Aichi.svg 愛知県犬山市議会議員
当選回数 4回
在任期間 1999年4月30日 - 2006年
2007年4月30日 - 2014年
テンプレートを表示

山田 拓郎(やまだ たくろう、1973年4月1日 - )は、日本政治家愛知県犬山市長(2期)。犬山市議会議員を通算4期務め、議長職も歴任した。

来歴[編集]

愛知県犬山市愛宕町出身。犬山市立犬山南小学校、犬山市立城東中学校美濃加茂高等学校名古屋経済大学経済学部卒業。大学卒業後は民間企業に勤めるほか、県議会議員の秘書を務める。

1999年(平成11年)4月、犬山市議会議員選挙に出馬し初当選。2003年(平成15年)4月、市議選に2期目の当選。

2006年(平成18年)11月20日、犬山市長の石田芳弘が翌年2月実施の愛知県知事選挙に出馬するために辞職[1]。これに伴って同年12月17日に行われた犬山市長選挙に無所属で出馬。同選挙は計8名の候補者による争いとなったが、山田は次点で落選。投票率は56.72%だった。

2007年(平成19年)4月、犬山市議選に出馬し3期目の当選。2011年(平成23年)4月、4期目の当選(3,368票を得てトップ当選)[2]

2014年(平成26年)10月20日、翌月の犬山市長選挙に立候補することを表明[3]。同年11月30日に行われた市長選では、市民団体「新時代の市長を創る会」を中心にボランティアらが活発に活動。石田芳弘前市長のほか、民主党系や日本共産党所属の市議らの支援も受け、現職の田中志典を破り初当選した[4]。選挙の結果は以下のとおり。

※当日有権者数:58,941人 最終投票率:54.13%(前回比:+3.31ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
山田拓郎41無所属16,970票53.81%
田中志典56無所属14,564票46.19%

2018年(平成30年)、計20人の市議のうち17人の支援を受け、元職の田中志典を破り再選[5]。投票率は49.63%で過去最低を記録した[6]。選挙の結果は以下のとおり。

※当日有権者数:60,183人 最終投票率:49.63%(前回比:-4.50ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
山田拓郎45無所属20,471票69.14%
田中志典60無所属9,136票30.86%

脚注[編集]

[ヘルプ]
先代:
田中志典
Flag of Inuyama, Aichi.svg 愛知県犬山市長
2014年 -
次代:
(現職)