山田料金所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山田料金所
空港・熊本・宮崎方面(2013年1月撮影、ETCレーン設置前)
空港・熊本・宮崎方面
(2013年1月撮影、ETCレーン設置前)
所属路線 指宿スカイライン
本線標識の表記 山田料金所
起点からの距離 48.4km(大迫IC起点)
山田IC (0.3km)
(2.5km) 鹿児島IC
供用開始日 1988年3月29日
通行台数 19,721台/日(2010年度)
所在地 891-0104
鹿児島県鹿児島市山田町2987番地
テンプレートを表示

山田料金所(やまだりょうきんじょ)は、鹿児島県鹿児島市山田町にある指宿スカイライン本線料金所である。

山田料金所では山田ICから鹿児島ICまでの区間の料金を徴収する。鹿児島県道路公社指宿スカイライン管理事務所を併設している。

ETC運用開始に伴い、2017年6月1日からETC設置工事のため一部レーンが閉鎖され[1]、2017年12月1日からETCが上下線合わせて2レーン設置された[2]。2018年2月20日からはさらに2レーン増設され[3][2]、上下線合わせて4レーンでの運用が行われた[2][4][5]。2017年12月1日のETC運用開始に併せてこれまで販売されてきた回数券は2017年11月30日をもって廃止となった[2][6]

路線[編集]

沿革[編集]

  • 1988年(昭和63年)3月29日:谷山ICから鹿児島ICまでの区間が開通したのに伴い、供用開始。
  • 2017年(平成29年)
    • 6月1日:当面の間一部レーンを閉鎖し、ETC設置工事に着手[1]
    • 12月1日:上下線各1レーンでETCの運用が開始[2]。また導入に伴いETC搭載車両について終日1割程度割引が行われ[2][5]、同時に回数券が廃止[2][6]
  • 2018年(平成30年)

料金所[編集]

ブース数:10

谷山方面[編集]

  • ブース数:5
    • ETC:2
    • 一般:2
    • 閉鎖中:1

鹿児島方面[編集]

  • ブース数:5
    • ETC:2
    • 一般:2
    • 閉鎖中:1

なお、料金所は無人であり、自動収受機での対応となっている。

料金[編集]

  • 軽自動車:200円 (ETC)180円
  • 普通車:320円 (ETC)290円
  • 大型車 (I):490円 (ETC)400円
  • 大型車 (II):1,140円 (ETC)940円

[編集]

指宿スカイライン
(29)鹿児島IC - 山田料金所 - 山田IC

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 山田料金所 一部レーン閉鎖のお知らせ(終日) - 鹿児島県道路公社、2017年6月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 山田料金所 ETC利用開始 (PDF)”. 鹿児島県道路公社 (2017年10月30日). 2017年11月1日閲覧。
  3. ^ a b 山田料金所ETC専用レーン追加 平成30年2/20(火)10:00〜 (PDF)”. 鹿児島県道路公社 (2018年2月8日). 2018年2月22日閲覧。
  4. ^ 指宿スカイライン 山田料金所12月にETC化 - 南日本放送、2017年6月26日付、2017年7月1日閲覧。
  5. ^ a b c 南日本新聞(2017年6月27日付第1面、山田料金所12月ETC化)
  6. ^ a b 鹿児島県道路公社 ETC設置工事 - 鹿児島県道路公社、2017年7月1日閲覧。

関連項目[編集]