山田村ワルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

山田村ワルツ』(やまだむらワルツ)は、1988年2月11日に公開された日本映画。監督は金子修介

過疎な農村に住む若者たちの花嫁ハンティングの奮闘をスラップスティック・コメディで描いている。舞台の「山田村」はフィクションであり、語尾に「っぴゃ」とつける方言もオリジナルである。

あらすじ[編集]

東北のド田舎な農村・山田村。過疎化が進み、若い女は村を去り都会へと逃げ、嫁不足となっていた。村の青年・光一と仲間たちは、村がセッティングしてくれたお見合いに臨むが、ことごとく撃沈されてしまう。そんな時、スランプで筆が進まなくなっていた作家・綾小路麗花が山田村にやって来た。村の特産のヤマダボチャを育てていたハナと知り合い、麗花は山田村のド田舎ぶりに安らぎを感じるようになっていた。

一方、見合いが空振りに終わった村は起死回生の策として、長い間途絶えていた村の奇祭「おたふく祭り」を再現することにした。光一らはその祭りに臨む。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]