山田爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「山田𣝣」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

山田 𣝣[1](やまだ じゃく、1920年11月3日[2] - 1993年6月21日)は、日本フランス文学者

人物[編集]

フランス文学者の山田珠樹と、後に作家となる森茉莉の長男として東京に生まれる。母方の祖父は作家の森鷗外、祖母はその後妻の森志げ。曾祖父に大審院判事の荒木博臣がいる。その後両親が離婚。茉莉の最晩年、一緒に住もうとしていたとされるが、母との関係はいまだ明らかにされていない。

旧制成蹊高等学校卒業後、東京帝国大学仏文科を1944年9月に繰り上げ卒業。1946年同志社大学勤務の後、1948年から第一高等学校東京大学教養学部勤務、1964年東京大学文学部仏文科に配置換え、教授を務める。1981年定年退官、名誉教授、成城大学教授。1991年、退職。1993年死去。満72歳歿。

ギュスターヴ・フローベールが専門で、蓮實重彦の師としても知られ、「お前ら、感情教育を知ってるか。感情教育ってのは終わらねえんだ」と言ったとされる[3]

鹿島茂も“山田𣝣先生の授業はたいへんな名調子で、その声を聞き、顔を眺めているだけで気持ちがよかった。話の最後を「......なのであります」と終えるくせには大きな影響を受け、いまでも講義をしている知らず知らずのうちに「𣝣調」が出てくる”と書いている[4]

著書[編集]

  • フランス文学万華鏡 白水社, 1994

訳書[編集]

編著[編集]

その他[編集]

名前の「𣝣」は母方の祖父・森鷗外の命名によりフランス語の男性名 “ジャック”(Jacques)を写したものである[5]

高田文夫とは縁戚(高田の妻と山田の息子・礼於の妻が姉妹)。

脚注[編集]

  1. ^ 𣝣」/ 数値文字参照:[頰]。「爵」の古体(「つめかんむり」ではなく「きかんむり」になっている)。
  2. ^ 『現代日本人名録』1987年
  3. ^ 蓮實『表層批評宣言』ちくま文庫の年譜。
  4. ^ 鹿島茂『クロワッサンとベレー帽-ふらんすモノ語り 』(中公文庫)「顔で決まった仏文専攻」。
  5. ^ 山田礼於が演出を手がけた『孫のナマエ〜鷗外パッパの命名騒動7日間』(NHK BSプレミアム2014年7月23日放送)というドラマで、孫の命名に関するエピソードが描かれた。ここで鷗外は「伯爵」などの「爵」ではなく、「」の「𣝣」から採ったとしている。