山田直史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山田直史
別名 NAO
ANIMAL FUCK NAO
生誕 (1965-11-02) 1965年11月2日(52歳)
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
職業 ギタリスト
担当楽器 ギター
共同作業者 LADIES ROOM
百直

山田直史(やまだ なおふみ、1965年11月2日 - )は、日本ギタリストロックミュージシャン

来歴[編集]

  • 1989年、ロックバンドTRACYを経て、LADIES ROOMに加入。バンド4代目のギタリストであった。
  • 1991年、LADIES ROOMのギタリストとして"NAO"のステージネームでメジャーデビュー。
  • 1996年、LADIES ROOM解散。解散後は、スタジオミュージシャンや音楽プロデューサーとして地道に活動。
  • 2001年、LADIES ROOM活動再開。
  • 2010年、アコースティックユニット"百直"としての活動開始。
  • 2015年、美里ウィンチェスターREXに参加。

人物・エピソード[編集]

  • 演奏スタイルは、テクニカルなフレーズからピッキングニュアンスを重視したフレーズまで幅広くこなす。楽曲全体を客観的に見てそのような幅広いギタープレイを行う姿勢は、デビュー当時のLADIES ROOMのプロデューサーや一部の音楽ライターから、布袋寅泰に通じるプロデュース能力がある、と評された[1]
  • 日本のハードロック系ギタリストとしては珍しく、長きにわたって3シングルコイルストラトキャスターを愛用しており[2]、現在はESPとアーティスト契約をしている。
  • LADIES ROOMのアルバム「eat a peach」の制作終了時頃から次回作にバンドの3ピース以外のブラスなどの音を導入することを意識し、コンピュータープログラミングによる音づくりを習得、熟練し、その後のLADIES ROOMのバンドサウンドに大きな変革をもたらした[3]
  • デビュー当時は金髪のロングヘアーであったが、一年足らずで黒髪のセミロングへと髪型を変えた。その為、その後新たにファンになった人で真剣に「デビュー当時とギターが変わった」と思い込む人も現れた[4]

バンド・ユニット歴[編集]

  • TRACY
  • LADIES ROOM
  • 百直

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ SHOXX1992年
  2. ^ ロッキンf1995年9月号
  3. ^ SHOXX1995年
  4. ^ 大島暁美のロックンロール日記