山田航

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山田 航(やまだ わたる、1983年8月22日[1] - )は、日本歌人

人物・来歴[編集]

北海道札幌市東区丘珠町出身[2]。同市在住[2]。生家は曽祖父の代に現在の富山県小矢部市から丘珠に入植し、代々タマネギ農家を営んでいた[3]立命館大学法学部卒業。短歌誌「かばん」「pool」所属。柳澤美晴樋口智子らとともに札幌の短歌勉強会「アークの会」(同人誌『アークレポート』[4]を発行)にも参加。

2008年同人誌かばん」に入会。2009年、「夏の曲馬団」で第55回角川短歌賞、「樹木を詠むという思想」で第27回現代短歌評論賞を受賞。2012年、第1歌集『さよならバグ・チルドレン』を刊行。同年、同歌集で第27回北海道新聞短歌賞[5]を、翌2013年、第57回現代歌人協会賞を受賞[6]。同年、第4回早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞を受賞。2014年、第42回札幌文化奨励賞を受賞。自身のブログ「トナカイ語研究日誌」で現代歌人の短歌評などを執筆。なお、2016年4月より北海学園大学大学院文学研究科(指導教授は田中綾)にも在学していた[7]。2018年3月同大学院文学研究科を修了。

著書[編集]

単著[編集]

  • さよならバグ・チルドレン 歌集 ふらんす堂 2012年8月 ISBN 978-4781404035 帯文・解説:穂村弘 装丁:君嶋真理子
  • 流星の予感 マイナビ 2014年8月 Amazon Services International, Inc.
  • 水に沈む羊 歌集 港の人 2016年2月 ISBN 978-4896293104
  • ことばおてだまジャグリング エッセイ 文藝春秋 2016年4月 ISBN 978-4-16-390444-3 イラスト:和田ラヂヲ

共著[編集]

  • 世界中が夕焼け―穂村弘の短歌の秘密 (穂村弘との共著) 新潮社 2012年6月 ISBN 978-4104574025

編著[編集]

  • 桜前線開架宣言 Born after 1970現代短歌日本代表 アンソロジー 左右社 2015年12月 ISBN 978-4865281330

脚注[編集]

  1. ^ 『短歌研究 2014年12月号(2015短歌年鑑)』(短歌研究社、2014年)巻末「歌壇名簿」より
  2. ^ a b 北海道新聞、2016年2月18日付朝刊地方面29頁「歌人山田航さんが講演 」
  3. ^ 北日本新聞 2014年1月6日付朝刊 「新春随想 富山系北海道人として」」
  4. ^ 短歌時評 西巻真 読み替えられる短歌史-「アークレポート」「pool」を読む - 短歌出版の純響社
  5. ^ 第27回北海道新聞短歌賞・俳句賞-Doshinweb
  6. ^ 第57回現代歌人協会賞決まる - 本のニュース | BOOK.asahi.com:朝日新聞社の書評サイト
  7. ^ 山田航のHPのプロフィールより