山田良明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山田 良明(やまだ よしあき、1946年12月18日[1] - )は、日本俳優、元ドラマプロデューサー[1]。元フジテレビジョン常務取締役。

大阪府出身[1]。フジテレビにて『北の国から』など多数のテレビドラマを手がけ、フジテレビジョン常務取締役[1]共同テレビジョン代表取締役社長[1]フジクリエイティブコーポレーション(FCC)取締役バスク取締役、BSフジ取締役、八峯テレビ取締役、東映アニメーション取締役などの役職を歴任後、71歳で俳優に転向。愛称は、よっちゃん[2]

来歴・人物[編集]

生い立ち[編集]

高校では演劇部に所属し、俳優を志す[1]慶應義塾大学商学部卒業[1]

プロデューサーとして[編集]

1969年にフジテレビジョン(現フジ・メディア・ホールディングス)入社[1]。同姓である元TBSディレクターの山田修爾は大学の同期である。

現在のフジテレビドラマの基礎を作り上げた、ドラマ界を代表するヒットメーカーのひとり。同社で部下だった大多亮とともにトレンディードラマを生み出してきた一方で、「北の国から」や「白線流し」を企画・プロデュースするなど正統派ドラマへのこだわりを強く持っている。[要出典]

長らくフジテレビのテレビドラマ制作者として最上位の役職に就いてきたが、2007年6月同社常務を退任、同時にフジテレビの制作子会社・共同テレビに転籍となり、代表取締役社長に就任[1][3]。その傍ら制作センター長の職を兼任している。

通常、テレビ局では編成局・編成局長[注 1]経験者が社長になるケースが圧倒的に多く、編成局長経験者は専務以下の役員(2007年6月1日当時)では山田と宮内正喜[注 2]の2人だけであり、特に次期社長候補だった3人(山田と豊田皓太田英昭)の中では唯一の編成局所属経験者であったため、ポスト村上光一(当時のフジテレビ社長)の最有力候補と言われてきた。しかし、自身が編成制作局長及び常務取締役時代に、番組や部下の不祥事(「王シュレット事件」や女性アナウンサーによる未成年飲酒事件男性アナウンサーの買春示唆発言女性アナウンサーの複数男性との密会デート発覚など)が次々と起こったために現場の長としての管理能力に疑問符をつけられ、減俸処分や譴責処分にあう。結果、村上の後任社長には、豊田が就任し、同時に山田は同社役員を退任することとなった。[要出典]

2015年6月11日、共同テレビ取締役相談役に退く[4]

2017年6月、共同テレビ取締役相談役を退任[1][3]

俳優として[編集]

旧知の柄本明の妻で女優の角替和枝が主宰のシニア向け教室に通い始める[1]

2018年7月、71歳で俳優に転向。つかこうへい原作の舞台『「新・幕末純情伝」 FAKE NEWS』岩倉具視役で俳優デビューする[1][3][5][6]

略歴[編集]

  • 1969年慶應義塾大学商学部卒業後 フジテレビジョン入社。
  • 1990年、編成局制作室第一制作部企画担当部長。
  • 1993年、編成局編成部長。
  • 1994年、編成局編成局次長。
  • 1999年、編成制作本部広報局長。
  • 2001年、執行役員広報局長。
  • 2003年、取締役編成制作局長(編成制作・映画事業・広報・美術制作担当)。
  • 2005年、常務取締役(編成制作・映画事業・広報・美術制作・デジタルコンテンツ担当)。
  • 2007年、共同テレビジョン代表取締役社長。
  • 2015年、同社取締役相談役。

主な作品[編集]

1970年代[編集]

1980年代[編集]

1990年代[編集]

2000年代以降[編集]

  • 白線流し 旅立ちの詩(うた) (2001) 企画
  • 北の国から 2002 遺言 (2002) プロデュース
  • 白線流し ~二十五歳 (2003) 企画
  • 海峡を渡るバイオリン (2004) 企画
  • 白線流し ~夢見る頃を過ぎても (2005) 企画

受賞歴[編集]

  • 北の国から (1981)
第14回テレビ大賞、第19回ギャラクシー賞、日本プロデューサー協会賞特別賞
  • サントリー・ドラマスペシャル 失われた時の流れを (1990)
第27回ギャラクシー大賞、第16回放送文化基金賞奨励賞、第16回放送文化基金賞児童特別賞、日本民間放送連盟賞最優秀賞、アメリカ・アルチマット社主催SFX大賞グランプリ

山田が育てたスタッフ[編集]

フジテレビに限らず、テレビ局の制作スタッフは何らかの班に分かれて番組を作る。

上司だった中村敏夫率いる中村班と、杉田成道率いる杉田班とは一線を画していた。その後中村がFCCの取締役副社長を経て同社顧問となり(2015年5月26日に死去)、杉田は日本映画放送の社長とフジテレビのエグゼクティブ・ディレクターを兼務。山田も共同テレビの社長を経て取締役相談役となり、山田が育てた部下はプロデューサーなどになっている。

右記は現在の肩書きと近況

  • 亀山千広 - フジテレビジョン前社長[注 3]、BSフジ代表取締役社長、ポニーキャニオン、フジパシフィック音楽出版およびフジアール取締役、FILM LLP代表。
踊る大捜査線等を担当。
  • 大多亮 - 常務取締役編成制作・国際担当、ポニーキャニオン・共同テレビ取締役。
月9ドラマ等を担当。
  • 永山耕三 - 編成制作局ドラマ制作センター専任局次長。
月9ドラマ等を担当。
「HERO」等を担当。
「東京ラブストーリー」と「白線流し」を担当。
月9ドラマ等を担当。

出演[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ フジテレビジョンでは現在、「編成局」は「編成制作局」に改称されている。これに伴い、「編成局長」の役職も現在は「編成制作局長」に改称されている。
  2. ^ 岡山放送社長を経て2017年6月にフジテレビジョン社長就任
  3. ^ 但し、旧フジテレビジョンの法人格を引き継いだフジ・メディア・ホールディングスの社長職は上司の太田英昭が就任し(その後退任して、現在は産経新聞社の会長)、亀山はフジテレビ社長就任後も同社では取締役のままである。

出典[編集]

関連項目・人物[編集]