山背国造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山背国造家
No image available.svg
家紋不詳
本姓 天津彦根命庶流山背氏
家祖 天目一箇命(天之御影命の別名)[1]
種別 神別天孫
出身地 近江国野洲郡三上郷
主な根拠地 山城国
摂津国
著名な人物 山背根子
支流、分家 廣田神社(年預家)
凡例 / Category:日本の氏族

山背国造山代国造(やましろのくにのみやつこ・やましろこくぞう)は山城国南西部を支配した国造

概要[編集]

祖先[編集]

天津彦根命天之御影命(山背国造では天目一箇命と称する)[1][2][3]天照国照彦火明櫛玉饒速日命[4]に随伴して、天児屋命ら32神で天孫降臨した際、天之御影命近江国野洲郡三上郷の三上山(旧称・御影山)の山頂に降臨した後、三上氏より別れ、神武朝に阿多根命が、成務朝に曾能振命が山代(山背)国造に任じられたとされる[1][2][3][5]

天津彦根命は天照大神の3男、また、天之御影命は天津彦根命の一人息子で神武天皇の3代先祖である瓊瓊杵尊従兄弟である[1]

氏族[編集]

山代(山背)氏。後に山氏。は直。天武天皇12年(683年)にに、14年に忌寸に昇格した。一部の者は天長10年(833年)に宿禰を賜っている。同氏にはの白竜王を祖とする渡来系氏族や、火明命を祖とする別系もある。

山背国造の他に、凡河内国造や菅田神社の菅田首、竹田神社近江蒲生氏(蒲生稲置)多度大社の桑名首他多数の天津彦根命天之御影命後裔氏族は嫡流三上氏から別れた庶流氏族であるが、広義で三上氏に含む表記をする場合もある[1]

本拠[編集]

山城国(もとは山背国)。現在の京都府南部。北部に山代国造が、南部に山背国造が並立していたという説もある。山氏は摂津国河辺郡為奈郷に居住した。

氏神[編集]

天目一箇命(=天之御影命の別名で天津彦根命の一人息子)[1][2][3]

嫡流以外、天之御影命を家祖として名乗ることが許されなかったため、別名を用いている。

子孫[編集]

略系図[編集]

伊弉諾命伊邪那美命
    ┃
  天照大神
    ┃
  天津彦根命
    ┃
  天之御影命(天目一箇命の本名)
    ┃
  意冨伊我都命
    ┃
    ┃
    ┃
    ┃
    ┗━━┳━━長男・彦伊賀都命 至・御上祝(=三上氏)御上神社神職家系
       ┃
       ┃
       ┃
       ┣━━次男・阿多根命 至・山背国造
       ┃
       ┃
       ┃
       ┗━━三男・彦己曽根命 至・凡河内国造

[1][2][3]

脚注[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『國史大辭典』(吉川弘文館
  • 坂本太郎・平野邦雄『日本古代氏族人名辞典』(吉川弘文館)
  • 『日本古代人名辭典』(吉川弘文館)
  • 『日本史広辞典』(山川出版社
  • 『神道大辞典』(臨川書店)