山花典之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山花 典之(やまはな のりゆき、1964年9月21日 - )は、日本漫画家男性北海道小樽市出身。横浜市在住。旧ペンネームは山崎花子HANAKO

1986年、山崎花子のペンネームで『ヤングジャンプ増刊』(集英社)に掲載の「朝刊」でデビュー。以後、『週刊ヤングジャンプ』『ビジネスジャンプ』(いずれも集英社)に作品を連載。代表作は「夢で逢えたら」。

来歴[編集]

上京して大学生活を送りながら投稿を続け、1986年、大学4年生の時にデビュー。翌1987年から『週刊ヤングジャンプ』(集英社)に連載するが人気が出ず、いずれの作品も単行本2、3巻で打ち切りとなる[1]

1993年に「グラスエイジ」が打ち切りとなり、作風で迷いが生じていた時、『ビジネスジャンプ』の担当者から声を掛けられ同誌に移籍。絵柄を変えて発表した「夢で逢えたら」は、足掛け5年の長期連載となり、単行本は全17巻を数えた。

キリスト教を信仰しており、洗礼を受けた2004年[2]以降は、作品中で聖書の言葉が紹介されたり、周囲のすべてへの感謝や博愛などが描かれたりするようになった[3]

年表[編集]

  • 1986年 - 『ヤングジャンプ増刊』(集英社)に掲載の「朝刊」でデビュー。
  • 1991年 - ペンネームをHANAKOに改名。
  • 1997年 - ペンネームを山花典之に改名[4]
  • 1998年 - 「夢で逢えたら」がOVA化される。また、テレビ番組『ワンダフル』内のコーナーでテレビアニメ化され放送される。
  • 2004年 - バプテスト教会にて洗礼を受ける。

作品リスト[編集]

漫画雑誌[編集]

  • CHI・GU・HA・GU(1987年 - 1990年、週刊ヤングジャンプ、全3巻)
  • かるてっと(1990年 - 1991年、週刊ヤングジャンプ、全3巻)
  • エ・ク・ボ・! (1991年 - 1992年、週刊ヤングジャンプ、全2巻)
  • グラスエイジ(1992年 - 1993年、週刊ヤングジャンプ、全3巻)
  • 夢で逢えたら(1994年 - 1999年、ビジネスジャンプ、全17巻)
  • (1996年 - 2000年、週刊ヤングジャンプ増刊・漫革、全2巻)
  • 妹-あかね-(2000年 - 2003年、週刊ヤングジャンプ、全14巻)
  • 天使のルージュ(2003年 - 2004年、週刊ヤングジャンプ、全2巻) - 突然、次週リニューアルとされ終了。
  • ひみつのルージュ(2004年、週刊ヤングジャンプ、全2巻) - 「天使のルージュ」のリニューアル版。
  • オレンジ屋根の小さな家(2005年 - 2007年、ビジネスジャンプ、全8巻)
  • ノエルの気持ち (2007年 - 2010年、ビジネスジャンプ、全7巻)
  • 聖樹のパン (原作担当、2015年 - 、ヤングガンガン、既刊6巻)

携帯有料コンテンツ[編集]

  • 愛しのマリー☆LOVE DRUG DOLL (2010年- 、E★エブリスタプレミアム、NTTドコモ、既刊1巻)

アシスタント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただし「エ・ク・ボ・!」は、次作「グラスエイジ」を描くことになったため、作者が自ら終了させた。
  2. ^ 「オレンジ屋根の小さな家」単行本第1巻の作者によるコメント。
  3. ^ 「オレンジ屋根の小さな家」第32話、第43話、「ノエルの気持ち」第34話 - 第36話など。
  4. ^ きっかけは、これまでのペンネームから女性とみられていたため。改名後に、声優・金月真美がパーソナリティを務めるラジオ番組『潮崎渚の夢で逢えたら』にゲスト出演し、はっきりと「男性です」と語っている。