山花駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山花駅
やまはな
Yamahana
北斗 (4.4km)
(6.3km) 桜田
所在地 北海道釧路市山花
所属事業者 雄別鉄道
所属路線 雄別本線
キロ程 18.9km(釧路起点)
開業年月日 1926年(大正15年)10月20日[1]
廃止年月日 1970年(昭和45年)4月16日[1]
備考 路線廃止により廃駅。
テンプレートを表示

山花駅(やまはなえき)は北海道釧路市山花(旧・字オンネビラ)にあった、雄別鉄道雄別本線のである。同線の廃止とともに廃駅となった。

概要[編集]

木材搬出のために開設された[2]。当初は簡易な駅であったが、交換設備が設けられて列車交換は北斗駅から当駅または桜田駅で行うようになり、特に当駅は廃線まで交換駅であった。

歴史[編集]

  • 1926年(大正15年)10月20日 - 雄別炭礦鉄道 隠禰平停留所(おんねびらていりゅうじょ)として開業[1]。一般駅[3]
  • 1936年(昭和11年)9月8日 - 停車場(一般駅)に変更。交換設備が設けられる。
  • 1956年(昭和31年)3月21日 - 山花駅に改称。
  • 1970年(昭和45年)4月16日 - 当路線廃止に伴い廃駅[1]

また1937年(昭和12年)から1964年(昭和39年)まで、駅前から仁々志別川上流の三十二線葛西橋手前まで、馬鉄軌道の殖民軌道仁々志別線が接続していた。

構造[編集]

駅舎は北側に設けられ、駅舎前に貨物積卸線が1本、その外側に木造の島式ホーム1面2線を有していた。ホームへは構内踏切で連絡していた。

現状[編集]

廃線後は本線跡がサイクリングロードになった。平成17年時点では駅舎は残存しており個人宅として用いられていたが、近年に解体された。駅前には商店が残っている。

隣の駅[編集]

雄別鉄道
雄別本線
北斗駅 - 山花駅 - 桜田駅

参考図書[編集]

  • 雄別炭礦鉄道 50年の軌跡 大谷正春著

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 釧路市地域史研究会 『釧路市統合年表:釧路市・阿寒町・音別町合併1周年記念』 釧路市 、2006年10月。
  2. ^ 大正15年の富士製紙と当鉄道の木材搬送契約前は、富士製紙の阿寒川上流からの流送木材はこの地で一旦陸揚げされた後、馬車軌道で仁々志別川河畔へ送られ、再度仁々志別川を流送して工場へ送られていた。この軌道はその後も昭和2年まで運用された。
    当駅開設はそれに代わるものではあったが、開設に前後して、より阿寒川の上流域に当たる古潭駅や舌辛駅(阿寒駅)でも付近の網場で陸揚げした木材を取り扱うようになったため、当駅での木材取扱いの比重はけっして大きくはなかった。
  3. ^ 大正15年10月20日改正時刻表。混合列車の停車客扱い。

関連項目[編集]