山西博文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山西 博文 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ヤマニシ ヒロフミ
ラテン文字 YAMANISHI Hirofumi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1963-06-22) 1963年6月22日(54歳)
出身地 広島県
身長 179cm[1]
体重 72kg[1]
選手情報
ポジション DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1986-1992 マツダSC
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

山西 博文(やまにし ひろふみ、1963年6月22日 - )は、広島県出身の元サッカー選手DF)、元サッカー審判員。現在はJリーグサンフレッチェ広島職員。

来歴[編集]

広島市立舟入高等学校東京農業大学卒業。高校・大学の1年先輩に石井知幸がいる。

卒業後マツダに入社、マツダSC(現サンフレッチェ広島)に在籍。ディフェンダーとして松田浩信藤克義)らとともにDFラインを形成し、高橋真一郎風間八宏森保一織田秀和前川和也らとプレーした。

Jリーグ発足後はプロ契約を結ばず、サンフレッチェ広島強化部の職員としてユース年代の指導に当たりつつ、審判員として活動する。1997年に1級審判員登録。以後、J1を中心とした国内試合の主審として笛を吹く。

審判員の活動が本格化すると同時に指導者の立場からは離れたが、サンフレッチェ広島に事業部職員として在籍、2006年までスタジアムで販売される弁当・グルメの企画開発を担当、試合前に不定期で行われるサポーター向けルール講習会の講師も行っていた。

2008年現在、事業本部営業部に所属し、スポンサーとの契約交渉を担当。

2009年度をもって審判業を引退し、サンフレッチェ広島での業務に専念することになった[2]

サンフレッチェ広島職員の傍ら審判員をこなしていたこともあり、広島の公式戦において審判員を務めることはなかった。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1986-87 マツダ JSL1部
1987-88 マツダ JSL1部
1988-89 マツダ JSL2部
1989-90 マツダ JSL2部 24 2
1990-91 マツダ 13 JSL2部 1 0 0 0
1991-92 マツダ 13 JSL1部 5 0 0 0
通算 日本 JSL1部 22 0
日本 JSL2部
総通算

その他の公式戦

審判実績[編集]

1級審判員登録:1997年12月11日

Jリーグ登録:J1副審 1999年-2000年/J1主審 2001年-2009年

  • J1 主審96試合 副審11試合
  • J2 主審51試合 副審3試合

国際主審 2002年-2006年

参考文献[編集]

  • 『1990-1991JSLイヤーブック』日本サッカーリーグ編、南雲堂、1990 ISBN 4-523-31032-7
  • 『1991-1992JSLイヤーブック』日本サッカーリーグ編、南雲堂、1991 ISBN 4-523-31033-5
  • 『日本サッカーリーグ全史』日本サッカーリーグ、1993
  • 『J.LEAGUE Official Fans' Guide 1999』、トランスアート、1999 ISBN 4-88752-100-6
  • 『J.LEAGUE Official Fans' Guide 2000』、トランスアート、2000 ISBN 4-88752-102-2
  • 『J.LEAGUE Official Fans' Guide 2001』、トランスアート、2001 ISBN 4-88752-104-9
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2002』、NTT出版、2002 ISBN 4-7571-8116-7
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2003』、NTT出版、2003 ISBN 4-7571-8134-5
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2004』、コナミメディアエンタテインメント、2004 ISBN 4-86155-802-6
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2005』、コナミメディアエンタテインメント、2005 ISBN 4-86155-805-0
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2006』、コナミ、2006 ISBN 4-86155-811-5
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2007』、コナミデジタルエンタテインメント、2007 ISBN 978-4-86155-839-9
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2008』、コナミデジタルエンタテインメント、2008 ISBN 978-4-86155-847-4
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2009』、コナミデジタルエンタテインメント、2009 ISBN 978-4-86155-850-4
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2000』、トランスアート、2000 ISBN 4-88752-101-4
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2001』、トランスアート、2001 ISBN 4-88752-103-0
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2002』、NTT出版、2002 ISBN 4-7571-8117-5
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2003』、NTT出版、2003 ISBN 4-7571-8135-3
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2004』、コナミメディアエンタテインメント、2004 ISBN 4-86155-801-8
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2005』、コナミメディアエンタテインメント、2005 ISBN 4-86155-806-9
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2006』、コナミ、2006 ISBN 4-86155-812-3
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2007』、コナミデジタルエンタテインメント、2007 ISBN 978-4-86155-840-5
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2008』、コナミデジタルエンタテインメント、2008 ISBN 978-4-86155-846-7
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2009』、コナミデジタルエンタテインメント、2009 ISBN 978-4-86155-851-1
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2010』、コナミデジタルエンタテインメント、2010 ISBN 978-4-86155-853-5

脚注[編集]

  1. ^ a b 『1991-1992JSLイヤーブック』p63
  2. ^ “10年のJリーグ審判員を発表、主審5人が引退”. ゲキサカ. (2010年1月20日). https://web.gekisaka.jp/news/detail/?64449-49711-fl 2018年3月30日閲覧。 

関連項目[編集]