山路閑古

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山路 閑古(やまじ かんこ、1900年10月13日 - 1977年4月10日)は、化学者、古川柳研究家。

静岡県鷹匠町(現・静岡市葵区)出身。本名は萩原時夫。1925年[1]東京帝国大学理学部化学科卒。川柳阪井久良伎に、俳句高浜虚子に、連句を根津芦丈に学び、古川柳を紹介した。1962年大磯鴫立庵19代庵主。東京高等商船学校教授、共立女子大学教授(化学)、1971年定年。[2][3]

著書[編集]

  • 『吾妻鏡史話 頼朝時代 国史読本』萩原時夫 大同館書店 1936
  • 吾妻鏡史話 頼家実朝・其他 国史読本』萩原時夫 大同館書店 1936
  • 『木葉髪記』富山房 1943
  • 『戦災記』あけぼの社 1946
  • 『随筆川柳歳時記』美和書院 1956
  • 『土星と空豆』四季社 四季新書 1956
  • 『末摘花並べ百員全釈』有光書房 1958
  • 『羅馬の休日 教師哀歓』萩原時夫 刀江書院 1960
  • 『大いなる悟り 柳話的釈尊伝』佼成出版社 1965
  • 『古川柳』岩波新書 1965
  • 『古川柳名句選』筑摩叢書 1968 のち文庫
  • 医心方夜話』青友書房 1973
  • 『山路閑古秘作選集 4 茨の垣』太平書屋 1987

編著・共著・校訂・訳[編集]

  • 『川柳評万句合』萩原時夫編 私家版 1944
  • 『分析化学要論』比企修, 萩原時夫共著 前野書店 1940
  • 『秘籍江戸文学選 10 春調俳諧集・幽燈録』校注 日輪閣 1975
  • 丹波康頼撰『秘籍江戸文学選 6 医心方房内』訳 日輪閣 1975
  • 『秘籍江戸文学選 4 末摘花夜話』岡田甫編 校注 日輪閣 1975

注釈・出典[編集]

  1. ^ 『古川柳名句選』著者紹介
  2. ^ 日本人名大辞典
  3. ^ 20世紀日本人名事典