山道駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山道駅
さんどう
Sando
然別
所在地 北海道余市郡大江村(現・仁木町
所属事業者 北海道鉄道
所属路線 北海道鉄道線(後の函館本線の一部)
駅構造 地上駅
開業年月日 1903年(明治36年)6月28日
廃止年月日 1904年(明治37年)7月18日
備考 小沢駅まで延伸されたことで役目を終え、廃止された。
テンプレートを表示

山道駅(さんどうえき)は、かつて北海道余市郡大江村(現在の同郡仁木町)にあった北海道鉄道廃駅)である。現在の北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線銀山駅 - 然別駅間、稲穂トンネル北口から東側に約5.6 kmの位置に存在した[1][注釈 1]

概要[編集]

稲穂トンネルの開削工事が難工事であったため、建設資材荷受場として仮設された駅であった[2]。当時の運行本数は、当駅-小樽中央駅(現在の小樽駅)間が1日3往復であった[3]。後に稲穂トンネルが開通し、北海道鉄道が小沢駅まで延伸されたことで役目を終え、廃止された。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

北海道鉄道
北海道鉄道線
山道駅 - 然別駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1932年昭和7年)に札幌鉄道局が発行した線路一覧略図によれば、稲穂トンネル北口が起点約212.8kmなので、概算すると起点約218.4km地点である。ただし、これは1932年(昭和7年)時点での位置である。参考までに、当時の銀山駅は起点213.9kmである。

出典[編集]

新聞記事[編集]

  1. ^ “運輸開始 去月二十三日”. 官報(国立国会図書館デジタルコレクション) (印刷局). (1903年7月3日). オリジナルの2015年12月13日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20151213071635/http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2949308/4 2015年12月13日閲覧。 

参考文献[編集]

書籍[編集]

  • 『札幌工事局七十年史』 日本国有鉄道札幌工事局70年史編集委員会(編)、日本国有鉄道札幌工事局、1977年3月、68頁。
  • 田中和夫(監修) 『写真で見る北海道の鉄道』上巻 国鉄・JR線、北海道新聞社(編集)、2002年7月15日、4-45頁、311-319頁。ISBN 4-89453-220-4。ISBN 978-4-89453-220-5。