山都駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山都駅
駅舎
駅舎
やまと
Yamato
*喜多方 (9.9km)
(6.1km) 荻野
所在地 福島県喜多方市山都町広野[1]
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 磐越西線
キロ程 91.1km(郡山起点)
電報略号 ヤト
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線[2]
乗車人員
-統計年度-
187人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1910年明治43年)12月15日[1]
備考 簡易委託駅
* この間に仙台支社新潟支社境界あり(当駅から荻野寄りは新潟支社管内)
テンプレートを表示
山都駅停車中のキハ110
(2013年10月)

山都駅(やまとえき)は、福島県喜多方市山都町字西原にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)磐越西線である[1]。当駅から新津方面は新潟支社の管轄になる。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線[2]のホームを持つ地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。

新津駅管理の簡易委託駅で、POS端末が設置されている。駅舎内には切符売り場の他、待合室、自動販売機等がある。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 磐越西線 下り 新津方面[3]
2 上り 喜多方会津若松方面[3]
3 (予備ホーム)

利用状況[編集]

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は187人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 340 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 330 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 342 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 325 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 327 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 308 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 288 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 263 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 270 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 268 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 263 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 264 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 265 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 243 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 208 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 223 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 204 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 211 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 187 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
    下川井、西羽賀、気多宮、坂下南小前 緑町 会津乗合自動車 平日1本
下川井、荻野駅前、西羽賀、気多宮、坂下南小前 緑町 平日1本
下川井、荻野駅前、西羽賀、気多宮 坂下営業所 平日1本

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
磐越西線
快速「あがの」・ 普通
喜多方駅 - 山都駅 - 荻野駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

  1. ^ a b c d JR東日本:各駅情報(山都駅)”. 東日本旅客鉄道. 2014年10月24日閲覧。
  2. ^ a b 『週刊JR全駅・全車両基地』第50号、朝日新聞出版、2013年8月4日、 24頁、2014年10月23日閲覧。
  3. ^ a b 時刻表 山都駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月13日閲覧。

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月21日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月24日閲覧。

関連項目[編集]