山野車輪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山野 車輪(やまの しゃりん、1971年 - )は、日本漫画家である。本名非公開。身長173cm、体重62kg、血液型B型、男性[1]。Web漫画出身。

著作に『マンガ 嫌韓流』、『マンガ 嫌中国流』(いずれも晋遊舎)など。朝鮮半島ウォッチャーであり、大韓民国全土、コリア・タウンを回り、「韓国のなかの日本」、「在日の地図」を描いている。

人物[編集]

2ちゃんねるでの固定時代[編集]

漫画家としての活動[編集]

  • 『マンガ 嫌韓流』執筆以外では、デザインやイラストレーションを中心に活動をしていると『嫌韓流公式ガイドブック』で自ら述べている。他に、『マンガ 嫌韓流』が発売された時の『週刊新潮』や『週刊朝日』の記事によれば、少女漫画家としてデビューしていたとされている。これらの雑誌で、山野は「冨樫義博に画が似ている」、「ここまで絵が下手だとは思わなかった」と関係者から言われたことがあると述べている。
  • 当初は覆面作家として活動していたが、2006年10月に発売された『在日の地図 大韓棄民国物語』において、生年とソフトフォーカスながら顔写真が初めて公開され、一部プロフィールが公開されている。顔写真は他の著書では非常に長い髪であったり金髪であったりする。2007年4月に発売された西村幸祐責任編集『ネットVSマスコミ! 大戦争の真実』(オークラ出版)でも顔写真が公開されている。
  • 『嫌韓流公式ガイドブック』のインタビューによれば、『嫌韓流』で手に入れた印税は日本のインディーズヘヴィメタルバンドのCDにつぎ込んだと語っていた。
  • 『在日の地図 大韓棄民国物語』にて、漫画『幽☆遊☆白書』のファンであることを述べている。
  • ビザ免除で日本に入国した韓国人は凶悪犯罪者であると主張している。それに対する「一部の人間に過ぎない」との反論に対して、「一部であるから問題ない? 間違いないとでもいうのか?」と再反論している[6]
  • 韓国全土を取材した『韓国のなかの日本』(辰巳出版 ISBN 978-4-7778-0380-4)で、自分自身をカレー好きなキャラクターとして登場させている。また『嫌韓流4』では、登場人物の一人である末行都を“自分のアシスタントとなり、プロの漫画家を目指して修行中”ということにしている。
  • 佐藤優は、山野は知的水準があまり高くないが、影響力は大きいと語った[7]
  • 行動する保守の1つ・在日特権を許さない市民の会のイメージキャラクター「ザイ子ちゃん」を描いている。
  • 嫌韓的側面の強い2011年のフジテレビ抗議デモに関しては、「韓流ドラマへの対案も韓国のフジテレビ支配の証明もない」と否定的な意見を述べている[8]
  • 2013年には「今の嫌韓と’05年頃の嫌韓はまったく層が違う」と発言している。’05年の(嫌韓流発売当時の)嫌韓はタブー破りであったが、現在はタブーがあった事すら忘れ去られたとし、『もはや嫌韓に時代を切り開くようなかつての面白さはない』と断じている[9]

作品[編集]

単行本[編集]

  • マンガ 嫌韓流」シリーズ
    • 『マンガ 嫌韓流』 晋遊舎〈晋遊舎ムック〉、2005年7月26日ISBN 4-88380-478-X。
    • 『マンガ 嫌韓流』2、晋遊舎〈晋遊舎ムック〉、2006年2月22日ISBN 4-88380-516-6。
    • 『マンガ 嫌韓流』3、晋遊舎〈晋遊舎ムック〉、2007年8月28日ISBN 978-4-88380-630-0。
    • 『マンガ 嫌韓流』4、晋遊舎〈晋遊舎ムック〉、2009年4月30日ISBN 978-4-88380-944-8。
    • 『外国人参政権は、要らない』 晋遊舎〈晋遊舎ムック マンガ 嫌韓流セレクション 1〉、2010年4月23日ISBN 978-4-86391-092-8。
    • 『マンガ 嫌韓流』1、晋遊舎〈晋遊舎ムック〉、2011年2月23日、文庫版。ISBN 978-4-86391-238-0。
    • 『マンガ 嫌韓流』2、晋遊舎〈晋遊舎ムック〉、2011年2月23日、文庫版。ISBN 978-4-86391-239-7。
    • 『マンガ 嫌韓流』3、晋遊舎〈晋遊舎ムック〉、2011年3月26日、文庫版。ISBN 978-4-86391-246-5。
    • 『マンガ 嫌韓流』4、晋遊舎〈晋遊舎ムック〉、2011年3月26日、文庫版。ISBN 978-4-86391-247-2。
    • 『マンガ大嫌韓流』 晋遊舎〈晋遊舎ムック〉、2015年3月19日、新版。ISBN 978-4-8018-0174-5。
  • 『在日の地図 大韓棄民国物語 コリアタウン探訪』 海王社2006年11月ISBN 978-4-87724-305-0。
    • 『在日の地図 マンガで巡るコリアタウン探訪記』 ぶんか社〈ぶんか社文庫 や-6-1〉、2009年6月ISBN 978-4-8211-5249-0。
    • 『在日の地図 コリアタウン探訪記』 海王社、2015年6月、新装改定版。ISBN 978-4-7964-0723-6。
  • 『韓国のなかの日本 マンガ韓国新発見ツアー 日韓国境突入編』 辰巳出版〈タツミムック〉、2007年6月ISBN 978-4-7778-0380-4。
  • 『韓国のなかの日本 マンガ韓国新発見ツアー 愛憎哀号ソウル編』 辰巳出版〈タツミムック〉、2008年7月ISBN 978-4-7778-0537-2。
  • マンガ 嫌中国流』 晋遊舎〈晋遊舎ムック〉、2008年8月ISBN 978-4-88380-803-8。
  • 『「若者奴隷」時代 若肉老食社会の到来』 晋遊舎〈晋遊舎ムック〉、2010年4月ISBN 978-4-86391-070-6。
  • 『なる☆まん! もし出版不況のなか女子高生がマンガ家をめざしたら』 辰巳出版〈タツミムック〉、2011年7月ISBN 978-4-7778-0893-9。
  • 『終戦の昭和天皇 ボナー・フェラーズが愛した日本』 井上智重 原案・山野車輪 著、オークラ出版2013年7月19日ISBN 978-4-7755-2114-4。
  • 『マンガ海の武士道』 惠隆之介 原作・山野車輪 漫画、育鵬社2015年12月ISBN 978-4-594-07396-1。
  • 『嫌韓道』 ベストセラーズ〈ベスト新書 474〉、2015年5月ISBN 978-4-584-12474-1。
    • 『嫌韓道 さよなら韓国』 ベストセラーズ〈ワニ文庫 P-298〉、2018年2月ISBN 978-4-584-39398-7。 - 注記:山野 (2015c)の加筆修正、再編集版。
  • 山野車輪 作・画 『革命の地図 戦後左翼事件史 テロルの現場検証』 イースト・プレス2016年8月ISBN 978-4-7816-1461-8。
  • 『ジャパメタの逆襲』 扶桑社〈扶桑社新書 268〉、2018年5月2日ISBN 978-4-594-07952-9。
  • 余命プロジェクトチーム 作、山野車輪 画 『余命三年時事漫画』 青林堂、2018年5月ISBN 978-4-7926-0623-7。

雑誌収録[編集]

  • CHOSEN -朝鮮-(『マンガ嫌韓流 公式ガイドブック』 晋遊舎、2006年 ISBN 978-4-88380-517-4 収録)
  • 「反日」の超克(西村幸祐原作、『コミックオピニオン誌 撃論1』 オークラ出版、2006年 ISBN 978-4-7755-0850-3 収録)
  • 頑張れネット右翼!(『ネット右翼ってどんなヤツ?』宝島社、2008年 ISBN 978-4-7966-6226-0 収録)
  • 極!サブカル塾(『ジャパニズム』青林堂、2011年 ISBN 978-4-7926-0434-9 収録)
  • 平和戦隊ショクザイジャー「尖閣諸島は中国固有の領土ですの巻」原作・古谷経衡(『ジャパニズム』青林堂 2011年6月、ISBN 978-4-7926-0434-9 収録)
  • 平和戦隊ショクザイジャー「職業右翼の巻」(『ジャパニズム』青林堂 2011年8月、ISBN ISBN 978-4-7926-0439-4 収録)

インタビュー・対談[編集]

  • 山野車輪ロングインタビュー(『マンガ嫌韓流 公式ガイドブック』 晋遊舎、2006年 ISBN 978-4-88380-517-4 収録)5-14頁
  • 「マンガ嫌韓流」著者が語るネット論(西村幸祐責任編集 『ネットVSマスコミ! 大戦争の真実』 オークラ出版、2007年 ISBN 978-4-7755-0926-5 収録)167-172頁
  • 対談 僕らのオタク十年記 山野車輪+古谷経衡(『ジャパニズム』青林堂、2011年 ISBN 978-4-7926-0434-9 収録)

脚注[編集]

  1. ^ 山野車輪. “車輪プロフィール”. 2009年10月12日閲覧。
  2. ^ 「山野車輪ロングインタビュー」(『マンガ嫌韓流 公式ガイドブック』 晋遊舎、2006年2月。ISBN 978-4-88380-517-4。)14頁
  3. ^ 2ちゃんねる 『2ちゃんねる公式ガイド2004』 コアマガジン(原著2003年12月24日)、p. 143。ISBN 9784877346744。
  4. ^ ヘヴィメタル雑誌『BURRN!』2代目編集長の広瀬和生がビクターに勤務していた時代にプロデュースしていたバンド。1987年にメジャーデビューするも 1990年代前半に解散。後にパチスロライターとして活躍するアニマルかつみがベーシストとして在籍していた。
  5. ^ 山野の公式サイトのプロフィールにある「好きなシンガー:松本龍似」はWOLFのシンガーとして活躍していた人物。
  6. ^ 『別冊BUBKA極東アジアOL二人旅』
  7. ^ 荒井香織 (2008年9月30日). “「よしりんと戦争勃発!」佐藤優ロングインタビュー(後編)”. 日刊サイゾー (サイゾー). http://www.cyzo.com/2008/10/post_1094.html 2009年10月12日閲覧。 
  8. ^ 『マンガ嫌韓流』の作者・山野車輪がお台場の「嫌韓デモ」に首をかしげる理由とは」、『日刊サイゾー』、サイゾー2011年8月9日2013年7月15日閲覧。
  9. ^ 山野車輪「今の嫌韓は初期の嫌韓と層が違う」 - 週刊SPA! 2013年12月23日(月)9時21分配信

関連項目[編集]