山際素男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山際 素男(やまぎわ もとお、1929年5月21日 - 2009年3月19日[1])は、日本のノンフィクション作家インド文化研究家、翻訳家。専門はインド文学三重県大王町出身。

人物[編集]

中学、高校でそれぞれ中退を経験し、法政大学文学部日本文学科卒。朝日新聞東京本社、世界労連東京事務所勤務を経て、インドに留学。インド国立パトナ大学英語版ビスババラティ大学英語版で学ぶ。帰国後、文筆活動に入る。

代表作として、インドにおけるカースト制度の実態を告発した『不可触民 もうひとつのインド』がある[1]1998年には、古代インドの大叙事詩マハーバーラタ』の翻訳で第34回日本翻訳出版文化賞を受賞した[1]

チベット問題にも関わり、『ダライ・ラマ自伝』他、チベット関連書を翻訳。また、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所にもかかわり、ダライ・ラマの発言の日本語翻訳を行っていた。

また翻訳家・作家としての活動にとどまらず、講演活動なども精力的に行っていた。

20代の頃は小説家志望で、同人誌活動を行っており、そこで同い年の色川武大と知り合い、お互いの家に泊まりあうほど、親密になり、色川が死去するまで交際があった。色川は山際を「奇人」ととらえ、後に執筆した、奇妙な人物たちが次々と登場する色川の出世作『怪しい来客簿』に、山際を登場させたかったという。その後、色川の小説の中に、キャラクターとして登場した。また、山際には二人息子がいたが、次男が色川の少年時代にそっくりだったため、「下の息子は、俺がインドに行っている間に、色川がつくった子供じゃないか」と冗談を言っていたという。

また、1984年に、吉行和子岸田今日子から「インドに行ってみたい」と依頼され、1984年末から1985年初めにかけて彼女らを案内してインド旅行につれていき、その旅を、『脳みそカレー味 岸田今日子・吉行和子とのインド旅日記』としてまとめた。

2009年3月19日、間質性肺炎のため東京都東大和市の病院で死去。79歳没[1]

著書[編集]

  • 『不可触民 もうひとつのインド』 三一書房 1981年/光文社知恵の森文庫、2000年
  • 『不可触民の道 インド民衆のなかへ』 三一書房[三一新書] 1982年/光文社知恵の森文庫、2001年
  • 『脳みそカレー味 岸田今日子・吉行和子とのインド旅日記』 三一書房 1985年
  • 『カーリー女神の戦士』 三一書房 1985年/集英社文庫、1994年
  • 『インド群盗伝』 三一書房 1985年
  • 『チベットのこころ』 三一書房 1994年
  • 破天 一億の魂を掴んだ男』南風社 2000年/光文社新書、2008年
  • マハーバーラタ インド千夜一夜物語』 光文社新書 2002年
  • 『不可触民と現代インド』 光文社新書 2003年
  • 『踊るマハーバーラタ 愚かで愛しい物語』 光文社新書 2006年

訳書[編集]

  • 『マハーバーラタ 全9巻』(三一書房、1991年~1998年)
  • M・R・アナンド英語版 『不可触民バクハの一日』(三一書房、1984年)
  • T・S・ピライ 『清掃夫の息子』(三一書房、1986年)
  • B.R.アンベードカル 『ブッダとそのダンマ』(三一書房、1987年/光文社新書、2004年)
  • ダナンジャイ・キール英語版 『アンベードカルの生涯』(三一書房、1995年/光文社新書、2005年)
  • ヴィッキー・マッケンジー英語版 『チベット奇跡の転生』(文藝春秋、1995年)
  • ダライ・ラマ 『ダライ・ラマ自伝』(文藝春秋、1992年/文春文庫、2001年)
  • ダライ・ラマ 『ダライ・ラマ幸福(しあわせ)になる心』(春秋社、2001年)
  • ヴァイコム・M・バシール英語版 『あたいのじっちゃん、象、飼ってたの』(出帆新社、2002年)
  • マイケル・ダナム英語版 『中国はいかにチベットを侵略したか』(講談社インターナショナル、2006年)

脚注[編集]