岐阜中2少女殺害事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岐阜中2女子殺害事件(ぎふ ちゅうにじょし さつがいじけん)とは、2006年4月21日岐阜県中津川市内の空き店舗で、中津川市立第二中学校の中学二年生女子生徒(19日夕方から行方不明)が他殺体となって発見された事件である。

発生時刻[編集]

岐阜県警察本部中津川警察署の特別捜査本部は、女子中学生が死亡したのは「男子生徒の供述から、19日午後6時30分頃と推定される」と発表した。

事件経緯[編集]

19日夕方
女子中学生は、JR中津川駅近くのアピタ中津川店で友人と別れたあと、持っていた携帯電話から自宅に「もうすぐ帰る」と言い残して、消息が分からなくなった。家族は心配をして携帯電話に電話をかけ続けたが繋がらず、19日夜に中津川署に捜索願を出していた。
21日
女子中学生を捜していた中津川署員が、以前から若者達のたまり場となっていた空き店舗(元パチンコ店)を捜索したところ、頭から血を流して倒れている女子中学生を発見した。すでに死亡しており、持っていたはずの携帯電話が無くなっていた。
  • 致命傷は、首を絞められたことによる窒息死(絞殺)の疑いが強いという。
岐阜県警察本部と中津川警察署は殺人事件と断定し、中津川署に特別捜査本部を設置、捜査を開始した(現場から携帯電話がなくなっていたことから、顔見知りの犯行と推定)。
付近の聞き込みから、「不審な若い男」の存在が判明。この男の行方を追う。
  • 死亡推定時刻である19日夕方に、「現場近くで、不審な若い男と女子中学生が話している」のを目撃した者がいた。
22日未明
女子中学生の交友関係から、15歳の岐阜県立坂下高等学校一年生の男子生徒が浮かび、中津川署で任意で事情を聞いたところ、女子中学生を殺害したことを認めたため、緊急逮捕した。
22日午前4時
岐阜県警が記者会見を開き、犯人は15歳の高校一年生の男子生徒と発表。男子生徒は女子中学生と同じ中学校を同年3月に卒業したばかりだった。また、この少年は別の16歳女性との間に2歳の子供がいる。
  • 2ちゃんねるなどの掲示板上に、加害者のブログから顔写真や氏名や経歴などが貼られた。すぐに岐阜地方法務局より、加害者情報の削除が依頼された。

その他[編集]

事件のあった空き店舗について[編集]

  • 3階建てのお城風の建物で、1階部分はパチンコ店、2階部分はイベントホール(250席)になっていた。
  • 会社が倒産して、平成13年以降、放置されたままとなっていた。
  • 出入口が壊されて、誰でも簡単に出入りすることができた。
  • 事件以前から、若者の溜り場になっていた。目撃した地域住民が中津川警察署に危険箇所として申し出るも、警察はその周辺をパトロールするのみであった。
  • 現在の所有者は、「盗まれるようなものはない」とコメントしている。
  • 事件後、正面のガラス破損部などに板を張り付け、入り口シャッターを溶接するなど、当時の所有者が応急処置をした。
  • 2006年11月から、建物は取り壊され始めている。

空き店舗画像の掲示板掲載騒動[編集]

  • 少女が行方不明になった4月19日に、インターネットの電子掲示板『画像掲示板画夢洒裸』において、当事件があった空き店舗の画像が「ここがどこだか分かるかな?」といった内容のコメントとともに、何者かによって投稿された。
  • その後、当事件が発覚。「偶然としてはできすぎている状況」に、「投稿者が容疑者ではないか?」とネットコミュニティ内は騒然となり、この事態は全国紙の新聞でも取り上げられ、論議となった。
  • 画像を投稿した本人は、この状況に「犯人は私ではない」と釈明した。容疑者が逮捕された後も、画像の投稿者が容疑者であったかどうか判明していない。

関連項目[編集]