岐阜市立京町小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岐阜市立京町小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 岐阜市
設立年月日 1873年
閉校年月日 2008年
共学・別学 男女共学
所在地 500-8804
岐阜県岐阜市京町3丁目70番地
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

岐阜市立京町小学校(ぎふしりつ きょうまちしょうがっこう)は、かつて岐阜県岐阜市に存在した公立小学校

概要[編集]

  • 校区の児童数減少により、2002年に岐阜市立小学校及び中学校の通学区域審議会により、「旧市内における岐阜立小学校及び中学校の通学区域のあり方について」の答申で金華小学校との統廃合が提言された[1]。その後2008年に両校を統合した岐阜市立岐阜小学校の開校により廃校された。
  • 校舎は2008年から2010年までは岐阜小学校の校舎として使用された。その後校舎は取り壊され、跡地に岐阜中央中学校が開校している。

沿革[編集]

京町小学校の前身校は金華小学校と同じく、1873年に開校した大観舎である。1886年に尋常小学校と高等小学校に分かれたさい、尋常小学校が後の金華小学校、高等小学校が後の京町小学校となった。

  • 1973年(明治6年)2月 -
  • 1874年(明治7年)4月 - 大観舎が新築移転。同時に金華学校(男子校)と伊奈波学校(女子校)に分立する。
  • 1878年(明治11年)7月 - 金華学校と伊奈波学校が合併し、岐阜学校となる。
  • 1886年(明治19年) - 岐阜学校が岐阜尋常小学校[注釈 2]と岐阜高等小学校に分離する。
  • 1889年(明治22年)7月1日 - 岐阜町[注釈 3]、富茂登村、稲束村、小熊村、今泉村、及び上加納村北部が合併し市制施行。岐阜市となる。
  • 1891年(明治24年)10月28日 - 濃尾地震による火災の延焼により、校舎が全焼。円龍寺[注釈 4]を仮校舎として授業を行う。
  • 1893年(明治26年) - 岐阜市鶯谷に新築移転。
  • 1894年(明治27年) - 岐阜市高等小学校に改称する。
  • 1900年(明治33年) - 岐阜市今泉[注釈 5]に移転。
  • 1907年(明治40年) - 岐阜市尋常高等小学校に改称する。
  • 1925年(大正14年) - 京町尋常高等小学校に改称する。
  • 1927年(昭和2年) - 本郷尋常小学校が開校し、校区の一部が移る。
  • 1939年(昭和14年) - 旧制・岐阜中学校跡地[注釈 6]に移転。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 京町国民学校に改称する。
  • 1945年(昭和20年)7月9日 - 岐阜空襲により校舎が全焼する。上宮寺[注釈 7]、願誓寺[注釈 8]東別院幼稚園に分散授業となる。
  • 1946年(昭和21年) - 仮校舎が完成。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 岐阜市立京町小学校に改称する。
  • 1948年(昭和23年) - 校舎を再建する。
  • 2008年(平成20年)3月31日 - 京町小学校との統合により、廃校。

参考文献[編集]

  • 岐阜市史 通史編 近代 (岐阜市 1981年) P.702 - 709 750 - 754
  • 岐阜市史 通史編 現代 (岐阜市 1981年) P.790 - 888
  • 京まちの歴史 織田信長から昭和40年まで (京まちづくりの会 2008年) P.44 P.97
  • 続京まち歴史散歩 昭和初期の暮らしと街並み (京まちづくりの会 2012年) P.60 - 93

脚注[編集]

  1. ^ 学校規模適正化事業「市中心部の小中学校再編について」(岐阜市)

注釈[編集]

  1. ^ 現・岐阜市米屋町。
  2. ^ 後の金華小学校。
  3. ^ 正確には51の町(本町、中竹屋町、東材木町、西材木町、上大久和町、上今町、下今町、北今町、中今町、上新町、中新町、下新町、大和町、相生町、米屋町、魚屋町、下大久和町、布屋町、釜石町、扇町、木造町、万力町、上竹屋町、笹土居町、榊町、七曲町、松屋町、若松町、甚衛町、愛宕町、錠鍛屋町、加茂町、珠城町、末広町、久屋町、中大久和町、堀江町、加和屋町、間之町、矢島町、白木町、靭屋町、栄町、上門町、常盤町、蜂屋町、大工町、桜町、車之町、山下達目洞、伊奈波境内)
  4. ^ 岐阜市大門町18にある寺院。
  5. ^ 現・岐阜市京町2丁目。
  6. ^ 現在の岐阜中央中学校の校地。
  7. ^ 岐阜市大門町12にある寺院。
  8. ^ 岐阜市西野町3丁目6にある寺院。

関連項目[編集]