岐阜市立木田小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岐阜市立木田小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 岐阜市
設立年月日 1873年3月10日
共学・別学 男女共学
所在地 501-1135
岐阜県岐阜市木田2丁目173
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

岐阜市立木田小学校(ぎふしりつ きだしょうがっこう)は、岐阜県岐阜市にある公立小学校

校区は木田、木田1~5丁目、北柿ケ瀬、南柿ケ瀬、下尻毛、尻毛1~3丁目である。

沿革[編集]

  • 1873年(明治6年)3月10日 - 教育学校が開校する。明専寺[注釈 1]を仮校舎とする。
  • 1877年(明治10年)1月 - 木田村後田板屋川堤北に校舎を新築し、移転。
  • 1890年(明治23年)
    • 5月6日 - 校舎の新築するため校舎を解体。仏心寺[注釈 2]を仮校舎とする
    • 6月9日 - 校舎を新築する。
  • 1891年(明治24年)10月28日 - 濃尾地震により校舎が倒壊。
  • 1892年(明治25年)
    • 1月28日 - 仮校舎が完成。
    • 2月10日 - 木田尋常小学校に改称する。
  • 1894年(明治27年)1月 - 校舎を新築する。
  • 1897年(明治30年)4月1日 - 木田村と下尻毛村が合併し木田村が発足。
  • 1910年(明治43年)4月 - 校舎を増築する。
  • 1923年(大正12年)4月 - 木田尋常高等小学校に改称する。
  • 1935年(昭和10年)7月 - 校舎を増築する。
  • 1940年(昭和15年)7月1日 - 木田村が岐阜市に編入される。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 木田国民学校に改称する。
  • 1945年(昭和20年)
    • 4月 - 柿ヶ瀬に柿ヶ瀬分教場を設置。柿ヶ瀬地区の1・2年生が通学。
    • 8月 - 柿ヶ瀬分教場を廃止。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 岐阜市立木田小学校に改称する。
  • 1950年(昭和25年) - 校舎を増築する。
  • 1972年(昭和47年)
    • 4月 - 岐阜市木田350に移転[1][注釈 3]
    • 9月 - 新校舎(鉄筋コンクリート造)が完成。
  • 1974年(昭和49年) - 体育館が完成。

脚注[編集]

  1. ^ 教育委員会の沿革(岐阜市)

注釈[編集]

  1. ^ 現在の岐阜県岐阜市下尻毛159にある寺院。
  2. ^ 現在の岐阜県岐阜市木田1065-1にある寺院。
  3. ^ 現在地。


参考文献[編集]

  • ふるさと木田 半世紀のくらし (木田自治会連合会 1990年)
  • 木田 木田小学校創立百周年新校舎落成記念誌 (木田小学校PTA 1974年)
  • 岐阜市史 史料編 現代Ⅱ 第2巻 (岐阜市 2019年) P.73

関連項目[編集]