岐阜柳ヶ瀬駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岐阜柳ヶ瀬駅*
ぎふやながせ
GIFU YANAGASE
所在地 岐阜県岐阜市
所属事業者 名古屋鉄道
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1911年(明治44年)2月11日
廃止年月日 1988年(昭和63年)6月1日
乗入路線 2 路線
所属路線 岐阜市内線
キロ程 1.2km(岐阜駅前起点)
徹明町 (0.3km)
(0.3km) 市役所前
所属路線 美濃町線(1950年まで)
キロ程 0.0km(岐阜柳ヶ瀬起点)
(0.8km) 梅林
備考 * 改称経歴
- 大正中期 神田町駅→美濃電柳ヶ瀬駅
- 1931年 美濃電柳ヶ瀬駅→岐阜柳ヶ瀬駅
テンプレートを表示

岐阜柳ヶ瀬駅(ぎふやながせえき)は、岐阜県岐阜市神田町にあった、名古屋鉄道岐阜市内線本線(長良線[1])の停留場)である。かつては美濃町線の起点が置かれていた。

岐阜市の繁華街である柳ヶ瀬の最寄駅であった。

歴史[編集]

1911年、美濃電気軌道が岐阜市内線と美濃町線の前身となる路線を同時に開業させた際、当駅はその2路線が接続する駅として開業した。駅名ははじめ神田町駅(かんだまちえき)と称したが、大正中期に美濃電柳ヶ瀬駅(みのでんやながせえき)に改称された後、1931年に岐阜柳ヶ瀬駅に変更されている[2]

美濃町線ははじめ当駅を起点とし、ここから梅林駅まで、美殿町通りに沿って路線が敷かれていた[3]。しかし、駅周辺は道幅が狭く接続駅として難があったことから、1950年に南の徹明通りが拡幅されたのに合わせて路線を移設、美濃町線の起点は当駅から徹明町駅に移された[4][5]。以後、駅には岐阜市内線のみが乗り入れていたが、自動車の普及もあり路線は窮地に立たされる。結局業績の不振が止まず、当駅を含む徹明町駅 - 長良北町駅ぎふ中部未来博の開催を控えた1988年、市内の交通の妨げになることから廃止され、当駅も廃駅となった[4][6]

駅構造[編集]

配線図[編集]

岐阜柳ヶ瀬駅 構内配線略図
美濃町線 日野橋方面
(1950年廃止)

伊奈波通方面
岐阜柳ヶ瀬駅 構内配線略図
徹明町方面
凡例
出典:[8]


その他[編集]

  • 駅名は岐阜柳ヶ瀬駅であったが、電車の車内放送(ワンマンカーの車内放送テープ)は柳ヶ瀬と呼称していた。

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
岐阜市内線
徹明町駅 - 岐阜柳ヶ瀬駅 - 市役所前駅
美濃町線(1950年起点変更による廃止区間)
岐阜柳ヶ瀬駅 - 梅林駅
  • かつては岐阜市内線の市役所前駅との間に柳ヶ瀬駅(やながせえき)、美濃町線の梅林駅との間に美園町駅(みそのちょうえき)、殿町駅(とのまちえき)が存在した。いずれも設置されていた時期は不詳であるが、戦前には廃止されていたという[2][7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『岐阜のチンチン電車 岐阜市内線と美濃町・揖斐・谷汲線の85年』 郷土出版社1997年、31頁。ISBN 4-87670-097-4。
  2. ^ a b 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』7 東海、新潮社2008年、52頁。ISBN 978-4-10-790025-8。
  3. ^ 『岐阜のチンチン電車 岐阜市内線と美濃町・揖斐・谷汲線の85年』 郷土出版社1997年、58頁。ISBN 4-87670-097-4。
  4. ^ a b 『岐阜のチンチン電車 岐阜市内線と美濃町・揖斐・谷汲線の85年』 郷土出版社1997年、23-25頁。ISBN 4-87670-097-4。
  5. ^ 川島令三全国鉄道事情大研究』名古屋北部・岐阜篇 1、草思社1997年、174頁。ISBN 4-7942-0796-4。
  6. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年、571頁。
  7. ^ a b c d e f 『岐阜のチンチン電車 岐阜市内線と美濃町・揖斐・谷汲線の85年』 郷土出版社1997年、218-230頁。ISBN 4-87670-097-4。
  8. ^ 『路面電車と街並み―岐阜・岡崎・豊橋』 日本路面電車同好会名古屋支部、トンボ出版、1999年6月、96頁。ISBN 978-4887161245。

関連項目[編集]