岐阜県美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 岐阜県美術館
Museum of Fine Arts,GIFU
151219 Museum of Fine Arts,GIFU Japan01n.jpg
岐阜県美術館の位置(岐阜県内)
岐阜県美術館
岐阜県内の位置
施設情報
愛称 県民文化の森 岐阜県美術館
専門分野 美術館
オディロン・ルドン
館長 日比野克彦[1]
事業主体 岐阜県
建物設計 日建設計[2]
延床面積 7,758m2
開館 1982年(昭和57年)11月
所在地 500-8368
岐阜県岐阜市宇佐4-1-22
位置 北緯35度24分5.69秒 東経136度43分50.13秒 / 北緯35.4015806度 東経136.7305917度 / 35.4015806; 136.7305917座標: 北緯35度24分5.69秒 東経136度43分50.13秒 / 北緯35.4015806度 東経136.7305917度 / 35.4015806; 136.7305917
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:GLAM
実習棟
庭園
山本芳翠『裸婦』1880年頃
山本芳翠『浦島図』1893 - 1895年頃
ギュスターヴ・モロー『ピエタ』1854年

岐阜県美術館(ぎふけんびじゅつかん、Museum of Fine Arts,GIFU)は、岐阜県が運営している公立の美術館である。1982年昭和57年)11月開館。

岐阜県出身者やゆかりのある画家(大橋翠石川合玉堂など)・芸術家の作品を多数収蔵する一方、オディロン・ルドンの作品「眼を閉じて」、「あずまやの下の二人の女」などを多数収蔵している。展示は常設展示と企画展示があり、企画展示については年に6回程度行われている。

庭内には幾多のモニュメントが展示してあり、鑑賞しながら散策することができる。また、ミュージアムショップでは書籍やポストカードなどの他に、地元作家の小品や雑貨も販売されている。2010年平成22年)から展示室の増築工事が行われ、2012年(平成24年)1月にリニューアルオープンした。

大規模改修工事のため、2018年(平成30年)11月4日から約1年休館。

主な収蔵品[編集]

日本画[編集]

日本の洋画[編集]

  • 山本芳翠 - 「裸婦」(重要文化財)1880頃、「浦島図」1893-95頃
  • 熊谷守一 - 「蝋燭(ローソク)」1909 「ヤキバノカエリ」1947
  • 岸田劉生 - 「自画像」1914
  • 北蓮蔵 - 「午の憩」1916
  • 長原孝太郎 - 「明星」1930
  • 早川国彦 - 「樹間の放牧」1943
  • 山口薫 - 「画室の森」1949
  • 村井正誠 - 「居ならぶ人々」1969
  • 三尾公三 - 「仮面のステージ」1996
  • 荒川修作 - 「裏から表へ」1969
  • 李禹煥 - 「線より」1977
  • 篠田桃紅 - 「人よ(Ⅱ)」1988
  • 小本章 - 「seeing 93-53」1993

西洋画[編集]

工芸[編集]

  • 「遊鶴図大皿」(銅胎有線七宝)明治中期頃
  • 各務鑛三 - 「飾り皿 銘祈り」1929
  • 荒川豊蔵 - 「唐津風茶碗 銘山ノ端」1953、「志野茶碗 銘早春」1982
  • 小山冨士夫 - 「種子島茶碗 銘柴垣」1977
  • 山田喆 - 「天目釉壷 霞雨霜雪」1947
  • 塚本快示 - 「青白磁大皿」1979
  • 加藤卓男 - 「三彩花器 銘爽容」1990
  • 鈴木蔵 - 「志野茶碗」1992
  • 宗廣力三 - 「藍地縞に丸文様絣着物」1985
  • 山田光 - 「塔」1963

彫刻[編集]

施設[編集]

  • 本館
構造:鉄筋コンクリート一部鉄骨造1階建
床面積:7,758m2
    • 所蔵品展示室(795m2
    • 企画展示室(771m2
    • 県民ギャラリー(684m2
    • 多目的ホール
  • 別棟(実習棟)

開館時間・休館日[編集]

開館時間
  • 午前10時00分~午後6時00分
    • 毎月第3金曜日(夜間開館がある場合)は午前10時~午後9時
休館日
  • 月曜日(月曜が祝日の場合はその翌日)
  • 年末年始(12月28日から1月3日まで)

交通[編集]

周辺[編集]

出典[編集]

  1. ^ 【人事】 平成27年度 美術館・博物館 新館長人事”. Art Annual online. 2015年7月12日閲覧。
  2. ^ 昭和58年度 第15回中部建築賞入賞作品 (PDF)”. 中部建築賞協議会. 2013年8月3日閲覧。
[ヘルプ]

関連項目[編集]