岐阜県道・三重県道126号養老公園庭田線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
岐阜県道126号標識
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
三重県道126号標識

岐阜県道・三重県道126号養老公園庭田線(ぎふけんどう・みえけんどう126ごう ようろうこうえんにわだせん)は、岐阜県および三重県によって路線認定されている一般県道

概要[編集]

岐阜県では1977年昭和52年)に「昭和五十二年二月二十七日岐阜県告示第百二十号」により、三重県では1972年(昭和47年)に「昭和47年12月1日三重県告示第697号」により県道として認定されている。

路線認定上、岐阜県大垣市養老公園を起点とし、三重県いなべ市を経由して、再び岐阜県に入り、海津市南濃町庭田で終点となっている。しかしながら、三重県県土整備部高速道・道路企画室のウェブサイト三重県の道路/県管理道路』にはこの路線は記載されていない。また、2010年の道路交通センサスの路線にも岐阜県・三重県とも記載がない[1][2]

2016年(平成28年)発行の三重県による「路線認定調書」によると、三重県側の総延長は1,990mであり、全線未供用である[3]

脚注[編集]

参考資料[編集]

関連項目[編集]